FC2ブログ
 

人を困らせる諭吉

花井カオリ

こんばんは。本日の担当は花井カオリでございます。

GW、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。
私はもう一言で言うならば『映画三昧!』でしたね。
会社近くのツタヤでDVDを10本レンタルしたんですよ、先週の金曜日に。
で、今日が返却期限なのですが……。

あれっ、全部おうちに忘れてきちゃったぞ?
延滞料金って、1日につき1本300円とかするそうですね。
10本借りたってことは、さん、さんぜ、さんぜんえ……ウッ!!
ちなみに洋画より邦画派でございます。

このところ、方々で沢山の新型妖怪が生み出されておりますね。
つい最近チラ見した子供向けアニメには、『新しい靴下を買ったときに付いてる白いタグを切ると、小さいT字型の破片がどっかいく』をあるあるにした妖怪が登場していました。
新型妖怪はどれも着眼点が面白く、くすりと笑ってしまうものが多いです。
私も何かしら新しい妖怪を生み出してみたいものだ――と思ったら、いました、一匹。
(妖怪の数助詞って匹でいいのか? 体か?)

とは言え、これは新しい妖怪ではなく、数年前からエレ女内に突然現れていた妖怪です。
その名も『万札ババア』。

どういうときに現れるのか。
みんなで何か一つのものを買うなりして、割り勘をするときに現れます。
この間の私を例にご説明しましょう。

「ひとり800円だよ~」

上記の場合、ほとんどの人が1000円を出し、200円のおつりを求めます。
800円ぴったり払える人もいます。
稀に「100円玉8枚でもいい?」と抜かし徴収者の財布をパンパンにする人もいます。
しかし、私はこうだった。

「今日、1万円しか持ってない……」

小銭もなければ1000円札もない。
1万円を出したところで、徴収者の財布からおつりをもらうのは難しい。
割り勘どうするんだ!とヤジが飛んできそうです。
そういうとき、こう言えばなんとなく許されます。

「ごめん。私今日、万札ババアだわ」

なんだよ万札ババアなのかよ。じゃああとででいいよ。
……といった感じで、なんとなくその場の難を逃れることができます。

果たしてこの妖怪、一体いつ、誰が生み出したのか。
さっぱり謎です。
妖怪ってそういうものだよね。

DSC_0185.jpg

ちなみに私の財布には、以前結婚式でいただいた切り絵の鯛が入っております。
めでたい。

それでは、今日の〆の言葉。
「嫌いな食べ物って何?」という話をしていたときの、猫乃しおりの発言。

「わたし、豆が嫌いなんですよ~。
 いくらとか、とうもろこしとか~」
 

どっちも豆じゃねぇよ。
ではまた!('∀'●)ノシ