FC2ブログ
 

窓際に広がる世界



こんにちは。
本日の担当は、恵莉ひなこでお送りします。

突然ですが、皆さんは収集癖ってありますか?
私は、好きなものはどうしても集めたくなり、更にその集めたものは
仕舞い込むのではなくディスプレイしなければ気が済みません。

ポストカード・イーヨーのぬいぐるみ・エジプト香水瓶にシルバニアファミリー。
本当は手拭いも集めてみたいなと思っているんですが、
明らかに家の中が物で溢れ始めているので、必死に我慢しています。
でも、色んな柄の手拭いを壁に貼ったら、可愛いだろうなあと考えてしまい、
そのたびに収集欲がうずうずと騒ぎ始めます。いつまで我慢できるのでしょう。

さて、今回はそんな私のコレクションから、シルバニアファミリーをご紹介します。



左は「きらめくふん水の大きなお家」で、
右は「森の学校」と「木もれ日のお部屋」が合体しています。
学校は音楽学校で、2階が幼稚舎で1階が小学部。
左の家は学校の寄宿舎で、実家がお金持ちの子は一人部屋だけどそうでもない子は相部屋であるとか、
先生たちの目を盗んでこっそりパーティーする慣習があるとか、私だけが楽しい設定がたんまりあります。




左は「マロンイヌの先生」という、小さなお店屋さんシリーズの1つだったと思います。
右の木は「森の学校」の一部です。
左は特別音楽室で、
隣接する建物の2階がガーデニングのお店・1階は郵便局、というイメージで作っています。


手前の警察官はアナグマ。
この子はUK版のシルバニアファミリーですが、とても格好良くて気に入っています。
学校周りを厳重にパトロールしてくれるナイスガイです。

あとは、右側に海エリアがあり、別のところにマンションもあるのですが
それはまた別の機会にご紹介(という名の自慢を)します。

シルバニアファミリー、気付けばどんどん増えていっており、
先ほど数えたら人形だけで55体いました。
でも、まだ増やしたい。学校に生徒が足りないんです。

脳内設定を好きに作って、
それに沿うように家具や人形を配置していくのが本当に楽しいです。
空想癖・妄想癖・そして収集癖がある方が手を出すと、
あっという間に引きずり込まれてしまう恐ろしくも可愛いオモチャ。
それがシルバニアファミリーだと思います。
いつかシルバニアだけを飾る部屋を作るのが、私の野望のうちの1つです。

……ここは一応、会社のブログなので
なんとか仕事に結びつけた記事にしようと思ったんですが、
サッパリまとまりませんでした。もう諦めます。

私はいつでもシルバニア仲間を募集しております。
シルバニアファミリー大好きです、という方は是非ご一報ください。
トークに華を咲かせましょう!

それでは、趣味全開の記事にお付き合い頂き、ありがとうございました!