FC2ブログ
 

STAR'S FESTIVAL



こんにちは。
本日の担当は、恵莉ひなこでお送りします。

今日は七夕ですね。
願い事を短冊にしたためる、という行為を最後にしたのはいつだったかと、ふと考えました。
思えば、子供のころは善意溢れる願い事ばかりを書いていました。

「家族みんなが健康でありますように」
「みんなで楽しく毎日を送れますように」

子供が書くととても可愛く微笑ましい願い事だと思いますが、
当時の私は七夕など露ほども信じておらず、そして特に熱心に願うような夢もなかったので、
当たり障りのないことを書いて誤魔化していた記憶があります。
まったくもって可愛くない子供でした。

大人になった今は、上記の願い事を七夕ではなくお正月に願います。
今度こそは心を込めて、真剣に。

――と、つい最近非常に泣ける映画を観たため、センチな気分です。



「モリー先生との火曜日」
大人になればなるほど様々なことを考える映画だと思います。
私だけでなくエレ女全員のお薦めです。
キャッチコピーが少しでも琴線に触れたなら、是非観賞してみてください。

さて、前置きが長くなってしまいました。
今日は「資料」について少し触れてみます。

弊社にはシナリオを執筆するための資料が多く存在します。
エレ女の資料棚に多いのは、圧倒的に歴史系の本です。
江戸時代や幕末、明治。昭和の戦史についてのものもあれば、三国志関連のものも。
女性向けのゲームやCD等のシナリオは歴史が絡むものが多く、資料集めは必須なのです。

但し、資料は本やムックに限らず、コミックだったり児童向けの参考書だったり、
映像作品だったりなど、多岐に渡ります。
歴史の資料は難解なものも多くありますので、その歴史に興味を持つためにも
取っかかりはなるべくわかりやすいものが好ましいように感じます。
図や写真が多くあるもの、索引が充実しているものも、扱いやすい資料です。

歴史本の他には、花図鑑や料理本なんかもあったりします。
シナリオ内でキャラクターが贈る花だったり、作る料理だったり、というのを
何にしようと悩んだとき、手元にあるととっても便利です。
花や料理はシナリオに出てくる頻度が高いので、あって損はないのです。



ちなみに、こちらは私個人が趣味でちまちまと買っている資料本の一部です。
仕事では一度も活用したことがない資料たちですが、
しかし絶妙に中二心がくすぐられて読むのが楽しいです。
家の資料棚には、こういった本が多く収まっています。

他にも、魔法事典や武器についての本、その他神話についての本などなど。
そういった本はコンビニに置いてあることも多く、つい手に取っては購入してしまいます。
いつかは仕事で活かす機会があるだろうと考えて、また今月も新たな資料を買う予感がします。
この機会に、中二病資料を仕事に活かせますように――と、短冊にしたためるべきかもしれません。

それでは、本日はこの辺りで。
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!