FC2ブログ
 

か わ い い



こんにちは、恵莉ひなこです。
本日はコスパ良すぎな癒やしスポットへ行った時のお話を……
というか、写真を見てください。
文字など読まなくても良いので。写真を見て。

行ったのはフクロウカフェです。
ここ数年でかなり増えたカフェという印象ですが、
私は腰が重たすぎる節があるため、なかなか行けず。
でも行った人がみんな「良かった!」って口を揃えて言うので、
一念発起して足を運びました。
んでもって、最高に癒されて帰ってきました。

というわけで、フクロウたちの写真を見てほしい。
彼等のかわいさを共有させてほしい。


手(首)乗りフクロウ!!!!
この子ね、ずっと首をグルグル回しながら、15分くらい本当にずーっと、
私の手にとまっていてくれたのでした。
かわいかった……。


寝ている~!!
たまに目を開けるんだけど、すぐにゆーっくりと目を閉じちゃう。
おねむなのねぇ~って撫でてあげたい気持ちを我慢して見守りました。
(触ってもいいけど、眠そうなところを起こすのは忍びない……)
かわいすぎた……。

 
おっきい子もいるよ!!!!!!
とてもカッコいい……惚れ惚れする……。
たまに翼を広げた時の巨大さには、結構ビビりました。迫力ゥ!
グローブをはめれば大人しく腕にとまってくれます。
イケメェン……。

 
目が印象的だった子たち。
金ピカの瞳と、真っ黒な瞳。
どちらも見ていると、吸い込まれそうになります。
うつくしい……。


ちみっこい豆サイズ。
この写真じゃわからないでしょうが、ほんっと小さいんですよ。
モルモットといい勝負。
並んで止まり木にいるの、かわいすぎました……。

――というわけで、私の心を掴んで離さなかったフクロウたちを
一挙に紹介させていただきました。
1時間いただけなんですけど、30匹ほどのフクロウ&ミミズクと過ごせ、
その柔らかくもしっかりとした羽を存分にモフれ、
写真は撮り放題だし、望んだ子を手にとまらせてもらえるしで、
これでもかというくらい満足しました。
やはり生き物は良いですね。たいそう癒やされます。

フクロウカフェ未経験の方は、是非一度行ってみてください。
普段なかなか触れあえない生き物と過ごす時間って、素敵ですよ!

それでは、本日の担当は恵莉ひなこでした。
ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

妃のちょっと知ってるコルセットの世界♪

妃アイコン

こんにちは! 担当は妃です。
本日は、『妃のファッション歴』と『コルセット即売会』の2本立てで、書いていこうと思います。

『妃のファッション歴』

6月9日(日)は何の日ですか?
そう! コルセット即売会『ファントムマルシェ』の開催日です。
(ドンドン!パフパフ!)

コルセットを矯正下着だと思う方、たくさんいると思います。
しかし今回は下着の方ではなく、ファッションコルセットのお話をしたいのです。

去年、レディースファッションでウエストベルトって、流行ったじゃないですか。
あれのね、ハードなやつを想像してください。
服の上からキュッと占めて、シュッとさせる、それがコルセット。
即売会当日、妃の勝負コルセットファッションをご紹介しましょう。↓

コルセット

この赤いやつがコルセットで、こいつを実際に着ると

コルセット2

まぁ、こんな感じに。

コルセットって結構着るの大変なんですよ。後ろが編み上げになっていて、
紐でウエストを締めるんですけど、腹部って背骨しか骨がないじゃないですか。
だから、締めようと思えば、いくらでも締められちゃう。
硬い骨組み(ボーン)が入っていて、長時間着るにはトレーニングも必要なんです。
なんで、こんなもんを着ているのかと言いますとね、
「なんかカッコいい」と感じるものがあったからなのです。
というわけで、ちょっこし妃のファッション歴を振り返っていきたいと思います。

四人兄弟の三女として生まれた妃氏。現25歳。

小学生時代:
家は兄弟が多いため貧乏でした。当然、新しい服を買ってもらえるはずもなく、
いつも兄のお古を着ておりました。
(上に姉が2人もいるのに、なぜか兄のものを……)
髪の毛は母の強制で短髪に、バリカンでバリバリしてたので、
よく男の子に間違われてましたね。

当時、私は思っておりました。服なんて裸を隠す布。
興味がないという以前に、私にはファッションの選択肢というものがない。
例えば小学生の代名詞ランドセル!
当然長女のおさがりで、赤い合皮は剥げ、ボロッボロのボロでした。
その事でクラスの子からからかわれたりしてましていましたが、
選択肢をも持たない自分には、なんら関係のない事なのです。
どう頑張っても改善できないものですからね。

中学生時代:
部活友達に遊びに誘われた私に、姉が服を買ってくれました。
私には着たいと思う服なんてないので、姉の言うまま、なんとなーくで選んだのです。
それを着て友達に見せたら、「そんなの着るんだ、意外だね!」と言われました。
相手からしたら褒め言葉だったのだと思います。
だけど、私は初めて服で傷ついた気がしました。
「意外だ」という言葉がなんか引っかかったのです。
この頃から、徐々にファッションに興味を持ち始めました。
姉が読み終わったファッション雑誌をたまーに見るのです。たぶん、1年に3冊くらい……
そして、夏休みの自由課題に被服コンテストに参加しました。
親がパターナー(服の土台を作る仕事)だったので、母はよく家でミシンをいじっていました。
その姿に感化されたのだと思います。
(まぁ、私には1着も作ってくれませんでしたけどね!ふんっ!)

高校時代:
ここから、服の好みが急展開!ゴシックパンクに目覚めます。
雑誌は「KERA」と「ロリータバイブル」「ゴスロリ」知ってる人は知ってるでしょう。
雑誌には型紙が付いてくるものもあり、自分で作る事もありました。

高校2年生の時、パンクファッションでバンギャルの友達に言われました。

「○○ってさ、ゴス着て歩かないじゃん」

目覚めたはずなのに、着ませんでした。
作るけど、着たいけど、着ないんですよね。なぜか……。

大学時代:
演者志望で舞台サークルに所属。1年目は役者をやり、
2年目からは衣装を作れる人がいない、と理由で裏方中心に。
舞台衣装作りは楽しいし、周りからの評判もいい。
当時は私以上に洋裁経験がある人が周りにいないから、
衣装メイクなら天下が取れました(という気分でいた)

ただ、作れば作るほど、忙しくなればなるほど、私はゴスロリから離れていきました。
そして服に対する気持ちは小学生時代に戻ってしまいました。
裸を隠せる布なら、なんでもいい。
ピアスもメイクもなし。髪は後ろで束ねるだけ。まぁ楽だし。

そんな時、友達のショッピングに付き合って、あるコルセットブランドを知りました。
お写真でお見せした赤いコルセットのブランドさんです。
コルセットを着けた店員さんの凛とした立ち姿。めっちゃ、かっこよかったんですよね。
でも、まぁ実際にコルセットを買うのは社会人になってからで、
そのお店に連れていってくれた子に隠れて何度かお店に通っておりました。
だってコルセットの着方って、全然分からないし、どうコーディネートしていいのかも分からない!
お値段も手頃とは言えないですしね。
思い切ってコルセットの試着がしたいと店員さんに言った時、
結構勇気がいったし、同時に今日は買って帰る! と妙な気合いが入ったものです。

そんでだ、試着をしました。ウエストをキュッと締めるホールド感に、
安心感を覚えました。(めっちゃ締められて痛かったけど)
そして、赤いコルセットをお迎えする事にしたのです。

それから、しばらく……
私は全くと言っていいほど、コルセットを着ませんでした。
ある程度体を慣らすトレーニングが必要だという事もありますし、
着方を練習する必要もあったのですが、理由はそうではなくて、

「あ、私、ゴスロリというジャンルに縛られたくねぇんだな……」

という事に、だんだん気づいていったのです。
コルセットを買ったはいいもの、全くコーディネートが分からず。
ひとまずコルセットを買ったブランドさんの服を見てみるのですが、なんかシックリこない。
なんでかと言うと、コルセット以外の服が、
「コルセットを着るための、それっぽい服」に見えてきたからなのです。
ゴシック系のパターンはすごい好きだけど、装飾が華美すぎる、というのが、
私がゴスを着ない理由であり、
コルセット = ゴシック、パンク、ロリータ、クラシカル、王子……などなど、
固定されたイメージに捕らわれたくなかったのです。

「ははん、なるほど……」

私が私らしく、もっとナチュラルなテイストで、コルセットを着るためには、
【私の中で、私自身が、私流のコルセットファッションを作り出していく】
必要があると気づきました。
裸を隠す布だった服が、なんだか大事になってしまいましたね。

実際、コルセットを売っているブランドの店員さんから、
「おねぇさんは、ナチュラルに着られますね」と言われた事があります。
即売会に行っても、周りは華美で優雅なゴスロリさんの中に、
ポツンとナチュラルコーデの自分がいるのです。
……なんだか、とってもいい気分♪( *´艸`)

『コルセット即売会』

話がめっちゃ長くなりました💦
即売会って言っても、なんのこっちゃ? って
感じなのでひとまず会場のお写真を。

IMG_20190609_221611.jpg
IMG_20190609_221551.jpg

こーんなシャンデリアがぶら下がってる薄暗い店内にな、
キャットウーマンみたいな全身合皮の覆面おねぇさんがいたり、
何言ってるのか分かんないと思うけど、
全身をゴールドに塗って、ピッカピカのドラッグクイーン風のおにぃさんとか
めっちゃいるの。
カオス、コスモス、異次元、なんか、そういう空間。

IMG_20190609_222307.jpg

ブランドさんのブースはこんな感じ。
小さいテーブルにコルセットが並べられています。
その場で試着もOK。店員さんが容赦なく締めてくれますよ。
「今日、コルセット初めて着るんです」と言っている人もお見受けしましたね。

※ブースのお写真は掲載許可をいただいております。
※デザインの盗用は犯罪です(いないと思うけど、念のため)

そして、今回お迎えしたのが、このふたつ。

IMG_20190609_223014.jpgIMG_20190609_223053.jpg

①サンドカラーに蝶々プリントのコルセット。
使いまわしのしやすいカラーだし、腰骨がちょっと出てるパターンなので、
くびれが際立ちます、ウフフ……

②ネイビーカラーに大振りのブラックレースがあしらわれたコルセット。
生地が起毛なので、秋~冬向き。
ベースのカラーが、ブラック、ホワイト、アイボリー、グレーに限定されるので、
コーディネートセンスが問われそう。ウフフのフ……

ってな感じで。

コルセット即売会って言っても、同人誌とかと同じだと思うのですよ。
気が付いたら、散財してるものじゃないですか。おんなじ、おんなじ……💛

んじゃあ、書きたいことは、書きまくった気がするので、この辺で。
次は6月16日〈日)、浅草アーティズムマーケットで、
好きなハンドメイド作家さんに貢に行きます。

さよ~なら~('ω')ノ