FC2ブログ
 

買ってよかった2016

花井カオリ
みなさまこんにちは!
本日の担当は花井カオリでございます。

2017年になりましたね~~!(´∀`*)
つまり2007年は10年前ってことですか。信じられん。
昨年は自分なりに成長の停滞を感じておりましたので、
今年は色々と勉強して飛躍を図りたいなと考えております。

エレファンテ企画の女性向け案件も動いておりますので、
早いうちに皆様に発表・お届けできるように引き続き頑張ります!

今回は、『花井的・2016年版 買ってよかったものトップ3』を発表しようかなと。
ジャンルを絞るつもりはありませんでしたが、
結果、電化製品というか、ガジェットというかになりました。


★第3位『アロマディフューザー』

これ、買ったの去年じゃなくて一昨年だったかもしれない。でもまあいいや。
小さなアロマディフューザーを買いました。
特に欲しいな~と思っていたわけではないのですが、
amazonで安かったので、「一発買ってみっか」的な感じで衝動買い。

なければないでいいのですが、あると嬉しい存在です。
香りによって気分を落ち着けたり、集中できたり、ぐっすり眠れたりと効果は様々。
本を読むときなんかもいいよ!

DSC_0019.jpg

個人的に好きなのはティートゥリーの香り。
森の中にいるような感覚になれる、爽やかで透明感のある香りです。

あと、この時期は単純に加湿器としても使えるので助かる。


★第2位『充電式の小型掃除機』

私、部屋のほとんどがフローリングなのですが
髪の毛が落ちると本当に目立つのよね……。
綺麗好きってわけではないけれど、あれは本当に嫌。
けど見つける度に指で拾うのは骨が折れるし、大きな掃除機を持ち出してくるのも億劫。
というわけで、充電式の小型掃除機を購入しました。
片手で持てるくらいの大きさと重さ。
コードに繋ぐ必要もないし、気付いた時にささっとゴミを吸い込めるのでめちゃくちゃ楽です。

一番いいのはお掃除ロボットなんだろうけどねー!
さすがに高くて手が出ませんでした。
いずれは欲しい、お掃除ロボット。


★第1位『GALAXY Edge S7(スマホ)』

ずっと使っていたXperiaが壊れたので、スマホを買い換えました。
新しく出たXperiaシリーズか、GALAXYかで迷いに迷ってこっちにしたんです。
(iphone7とも迷ったんですが、スグルさんと謎のAndroid同盟を結んでいるので)

GALAXYって、別機種が爆発したりで色々問題になったじゃないですか。
あと、やっぱり日本製がいいな~とかも思っていたりしたのですが、思い切ってこっちにしてみました。
決定打になったのは、なんといってもカメラの高性能さ!
普通に撮影しても綺麗だし、マクロもいけるし、暗い場所でもはっきり写せます。
いや~これは感動した。

20170116_115806.jpg
木のケバケバまでハッキリ!

20161014_230342.jpg
遠目だし真夜中なのに蜘蛛の巣が写る!
(お手持ちのスマホで撮影しようとしてみると分かると思いますが、これホント凄い)

生憎旅行とか景色のいい場所に行っていないので
夕陽!とか満開の花!みたいなドラマティックな写真はないです、悪しからず。

一眼レフの中級機を持っているのですが、
ちょっとした旅行ならこっちで充分かもと思ってしまうレベル。なんせ軽いし。
自撮りは基本しませんが、肌をさりげなーく滑らかに加工したりっていう機能もついているので女子には嬉しいやつですよね。

唯一難点を挙げるとしたら、ちょっとサイズが大きい。
私は手が非常に小さいので(ピアノの鍵盤1オクターブぎりぎり届くくらい)、普通に持っていると片手操作はできません。
けど片手操作用の機能(画面がひゅっと縮小する)もついていたりするので、不便とは感じないかなー。
動画とかゲームはやっぱり大画面のほうが楽しいしね!

急にシャットダウンしたり誤作動起こすってこともないので、いいスマホだと思っています。
このスマホにしてよかった!

***

……というのが、私的2016年買ってよかったものベスト3でした!
超個人の趣味で選ぶならばもっと色々あるんですけどね。
宝塚のチケットとか、宝塚のBlu-rayとか、宝塚のカレンダーとか、宝塚の舞台写真とか……。
どう考えても読んでくださっている方々から需要がないので、やめておきましょう。

みなさまは、どんなものを「買って正解だった!」と感じましたか?
おすすめの製品があれば、教えてくださると嬉しいです(´∀`*)

最後に、恒例のダイエット成果。
前回のブログで「-4.5kg」と言っていたのですが、
それからちょっと痩せたものの、年末年始で戻ってしまったので
今だ当初から「-4.5kg」のままです。ぐぬぬ……美味しいご飯め……。
春にかけてもう少し頑張ります!

それでは、今回はこのへんで。
花井カオリでした!

恥の話



こんにちは。
本日の担当、恵莉ひなこです。

明けましておめでとうございます!
やって来ましたね2017年。
元号だと平成29年。言い慣れない。
皆さん、年末年始はどんな風に過ごされたんでしょうか。

↓ほぼ愚痴なので、お時間ある方だけ読んでください。
私はド年末にインフルエンザにかかり、続けて赤子も高熱を出して倒れ、
小児救急電話相談にすぐさま受診すべきか相談の電話をかけたり、
大晦日にやっている病院に赤子を連れて行く旦那を送り出したり、
年明けの親戚の集まり全てキャンセルして寝込んだり、
まあ一言で表すと「散々」でした。
そんな最中で旦那が足を挫く&指にドライバーを刺して大出血するという事態を引き起こし、
思わず「今そのハプニングいる??」と真顔で聞いてしまったんですが、
今思えばもうちょっと心配してあげれば良かったですね。
いやもう、本当に余裕がなくて……。


今は家族全員、とても元気です。
おせちがとても美味しかったので、貼っておきます。


伊勢エビはパエリアにして食べました。


カニ大好き。もっと食べたい。


いくらがあるおせちは、良いおせち。

うちは毎年おせちを購入しているんですが、これを手作りする方のバイタリティ凄くないですか。
手料理の化身に違いない。

さて、新年にまったく関係ないことを書きます。
突然ですが皆さん、忘れられない「恥ずかしくも悔しい思い出」ってありませんか。
私は未だに夜中に思い出し、「あの時どうすれば良かったのか」と歯噛みをする思い出が2つあります。

1つ目は、小学5年生の時です。
私は友人と、急な坂道を上るため自転車の立ちこぎをしていました。
全力でこぎ、こぎ、こぎまくってこぎまくって、坂の上に辿り着き……
「あー疲れた!」と勢いよくサドルに腰を下ろした瞬間、
「ブッ」と明らかなオナラ音が鳴り響きました。
なかなかに大きな音だった。

当然、友人に「オナラしたでしょ!?」と言われるんですが、してないのよ!!
オナラ音にしか聞こえなかったその音の正体は、サドルが軋む音だったんです。
慌てて「オナラじゃない! サドル!」って言いながら、
疑惑を払拭しようとサドルに勢いよく腰を下ろすんですが、「キィ」としか鳴らないんですよ。
何度試しても、「キィ」「キュッ」みたいな「サドルが軋む音」でしかない音が鳴るのみで、
オナラ音がサドルからしてこない。

5年生という多感な時期に、友達の前でオナラをしたなんて汚名を被るのは避けたいじゃないですか。
でもサドルはオナラをしてくれず、「本当なの! サドルなの!!」と言い張る私の必死感が、
最早嘘くさいんですよね。
絶対こいつオナラした、という目をしながら「そっか、サドルか」と納得したふりをする友人。
間違いなく信じてもらえていない、という屈辱感……。
私は一体、あの時どうすれば良かったのか。

2つ目は、高校生のときバイト先にて。
ピザ屋で働いてたんですが、そのときはバックヤードで休憩中で。
バックヤードには私一人しかいませんでした。

でね、そのとき私、鼻の下にニキビができてたんです。
ぷっくりと赤くなっていて、わりと存在感あって、ついつい触らずにはいられないようなニキビ。
触っているうちに、大きくなったんじゃないかと気になって、私は鏡を取り出しました。
で、その鏡を顔の前に持ち上げて、鼻の下を入念にチェックしてたんですね。

そのタイミングで、正面の扉から社員が入ってきまして。
その人から見ると、私が顔の前に鏡を持ち上げながら鼻をいじっているように見えるんです。
どういじっているのかは、鏡で隠れているからよく見えず……
ぶっちゃけ、間違いなく「鏡を見ながら鼻をほじっている」ように見えたと思います。

社員と目が合って、奴がニヤリと笑い、瞬時に事態を理解した私は
「違うんです!!!!」と叫びました。
爆笑する社員。大声で否定する私。
「ほじってない! 違う!! ニキビ!! ニキビを! 見てたんです! ほじってない!!!!」
しかし、社員は腹を抱えて笑いながら、「油断してんじゃないよ~ww」とか言ってくるんですよ。
ほじってないの!!!! 違う!!!!

うああ……今思い返しても、恥ずかしいし腹が立つし悔しい……。
こうなると、もうどれだけ否定しようが嘘くさくなることが決定するじゃないですか。
サドルのオナラと一緒。完全に一致。
もしかしたら真実をわかっていて、敢えてからかってきていたのかもしれないけれど、
だとしたら奴の罪は大きい。
私が未だに布団の中で不意に思い出しては悶えていることなど、奴は知るよしもないのだ。

さて、そんな感じで(?)今年もゆるっとブログ書いてまいります。
今年もどうぞよろしくお願いします!
以上、恵莉ひなこでした。