FC2ブログ
 

『陶器じゃなくても花瓶でいっすか?』

妃アイコン

皆様、こんにちは。ブログ担当は妃です。

自粛期間が半年を過ぎ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
妃は積読ならぬ積ゲーの消化と、おデグの世話で比較的ハッピーに過ごしております。
(そもそもが引きこもりのヒッキーだから全然辛くないんだな)

とはいえ、半年以上も外出自粛が続きますと、生活に彩りが欲しくなってくるもの。
そこで部屋に花を飾るための、花瓶を探すことにしたんです。
でもなかなか好みに合うものがなく、どうしたものかと思っていたところ、
某王妃の台詞を思い出しました。
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない?」
じゃあ、花瓶がなければ?

↓妃の解答例
作ればいいんじゃない?

というわけで、花瓶作りスタート。
題して『妃さんの作ってwkwk♪』

材料のはこちら。
材料一覧

・気合で飲み口を切り落としたペットボトル
・木粉粘土
・珪藻土塗料
材料は全て近場のダイソーで購入しました。

木粉粘土ってなんぞや? とお思いの方へ、割ってみるとこんな感じ。
粘土断面

粘土に細かい木くずが混ざってるんですね。
今回は和モダンな花瓶を目指すため、この風合いを選びました。

まずはペットボトルに粘土をくっつけ、平たい場所で転がします。
粘土の厚みを均等にするため、必ず一定方向に動かす、これがポイント。
こんなふうに粘土をいじるのは久しぶりなもので、
そういえば私、粘土嫌いだったなぁ、としみじみ。
ころころ

幼稚園生のころ、粘土といえば油粘土。
この臭いや手触りが大嫌いでした。
しかし今や粘土ってたくさん種類があるんですね。
この木粉粘土はほぼ無臭だし、素手で触っても手にまとわりつかない。
とても扱いやすい。素晴らしい('ω')

その後、満遍なく粘土を広げたところで乾燥→ヤスリ→塗装をすませる。
粘土乾塗装後
塗装の前後。
基本作業が夜中なので、写真ではわかりづらいかもですが……
珪藻土塗料を塗ったところで木粉粘土の風合いが抹消されるという誤算が発生。
ま、いっかー("-)

これだけだとちょっと寂しいので、アクリル絵の具で柄をつけることにした。
塗装2
花を活かすべく柄はシンプルがいいのだけど、
だんだん筆の動きがエスカレートしていく。




塗装5塗装6
塗装3塗装4

色々描いていくうちに、和モダンという目標も抹消されたけど、まぁいいでしょう("-)
(そもそも和モダンとか、そんな洒落たものが自分に作れるはずがねぇんだ)

さて、これで完成かと思いきや、肝心なことを忘れていた。
花を生けるためには水がいる。しかし木粉粘土は水に溶けてしまう。
花瓶として使うためには耐水性のニスが必要なわけで、
でも近場には売ってないわけで……。
っていうか外に出たくないわけで……。
という諸々言い訳を浮かべつつ、花瓶は完成しました。
実際に花を挿してみるとこんな感じ。
完成

うむ、なかなか良い気がする。水入れられないけど。
満足度40%くらいかな('ω')

はい! ストレス溜まるこの期間、
こんなふうに何か作ってみるのはいかがでしょうか?
芸術の秋をちょっと先取りするのもいいかもしれませんよ。

以上、本日のお相手は妃でした。

『つれづれなるままに~(略)そこはかとなく書いた』

それは、トッピングを注文したあとに知った、つけ汁に隠れていたラーメンのメンマ。
(メンマ付きだと知ってたら、トッピング注文しなかったよね)

それは、思いついたアイデアをタイピングしようとすると思考停止するジレンマ。
(んん~~~~~!!)

それは、親子揃って同じ場所のささくれを引きちぎろうとするデグーたち
(ちょ、タンマ!)

『つれづれなるままに、日暮らし、PCに向かいて、
 心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、
 あやしうこそものぐるほしけれ』

妃アイコン


みなさま、こんにちは。今回のブログ担当は妃です。
今日は、思ったことを思ったままに綴っていきます。

1、尊敬の兆し

これは、私のペットのデグーが出産し、ベビーを姉に譲った時のことです。
正直、ズボラな姉に引き渡すのは不安だったのですが、
旦那さんが小動物が好きとの事で、旦那を信じて里親に出しました。

その時、姉はちょうど転職した時期で、
新しい職場で働き始めるまで、有給休暇を消化する日々を過ごしていました。
よっぱど暇を持て余していたんでしょうね、デグーを譲って、数日後。
姉からこんなラインが……

『こいつ、日に50個以上クソしてる(笑)』

聞けば、毎朝白い紙にデグーのク〇を一個ずつ並べて
どれくらい〇ソをするのか、数えていたそう。
ペットのク〇ソを愛せるかって、飼育する上でとても大事よね。
初めて姉を尊敬できると思った瞬間でした。
こんな気持ち初めて。ありがとう、うんち……。

2、プロポーズで思うこと

「幸せにします! 結婚してください!」ってプロポーズあるじゃないですか。
ゲームでも、リアルでも使われる台詞だと思うんですけど、
結婚って、2人の人間が支え合って、
1つの家族になるわけじゃないですか。
だから、一方的に幸せにしますっていうのは、違うんじゃないかと思うんですよ。
「僕は貴方を幸せにします、だから、貴方は僕を幸せにしてください」
って言ってほしいの。
分かっていただけるかしら?
これが乙女心というやつです(26歳、女性・匿名)

3、ある日の昼食

IMG_20200419_113424.jpg


箸に擬態したキュウリ。

4、最近読んだ本

Screenshot_20200421_160017.jpg

最近、ブクログという便利なアプリを知りました。
乱読派なので、読んでるものに共通点がないですね。

5、私、人間捨てきれない

1で書いた通り、私デグーというげっ歯類を飼育しております。
うちのデグちゃん、どうも偏食っ子でして、
あまり牧草を食べてくれないんですね。
げっ歯類は、歯が伸び続けるので、牧草を食べないと奥歯が伸び、
病気になってしまうんです。
ということで、うちの子の食改善を始めました。

牧草って結構種類がありまして、
マメ科で嗜好性が高いアルファルファや、
スタンダードなイネ科のチモシー、
繊維質が多く低カロリーのクレイングラス……などに加えて、
産地や牧草の硬さも考えると、選択肢は多数あります。
それらを買っては試し、食いつきを観察する日々。

W W W W W W W W W W W W W
全部、草だろ。一体、何がそんなに違うんだ!!
W W W W W W W W W W W W W 

と、思ったので匂いをチェック。
今まで購入してきた牧草の中で、クレイングラスが一番香りがいい。
(しかも、安い!)
これだ!と思って、与えてみるものの、
匂いを嗅いでも食べてくれなかったり、
少し齧ってはポイッと捨てられたり、思うようにいかず……。

どうやら人間の嗅覚で選んだものは、デグーの嗅覚に通用しない、
ということらしい……。
じゃあ、なんだ! 匂い以外で選べって? ……食えってか!
今、家にあるのは、以下の3種

・チモシー1番刈り(カナダ産)
・クレイングラス1番刈り(産地不明)
・スーパープレミアムチモシー2番刈り(アメリカ産)

デグーの好みを把握するためには、
食感や風味など、食って確認するしかねぇ……と覚悟を決めた。

……
…… ……
…… …… ……

が、食べられませんでした。
やっぱり人間用の美味しい食べ物だけ食べていきたい……。

タイトルにある通りですが、私まだ人間を捨てられないようです。
(結果的に、競走馬用のお高いチモシーで落ち着きました)

今回はこれにて。
以上、妃でした。

※P.S.
つれづれ(退屈の意)って言ってるけど、
仕事の合間にゲームしまくってるし、小説読んでるし、特に退屈はしてないですね。

デグー観察“喜”

妃アイコン


みなさま、こんにちは。
本日のブログ担当は妃です。

私のTwitterやFacebookをフォローしている方はご存じでしょうが、
夏前からデグー(げっ歯類)を飼いはじめまして、それがまぁ、かわいいかわいい💛
(もう毎日、クンカクンカしてる……。チモシーくさい……すき……)

というわけで、今回はデグーの可愛いについて語ろうかと思います。
しかしながら、デグーはそのフォルムから好まれない傾向にある生き物です。
ヴィジュアルが【ネズミ】ですからね、嫌いな方もおりましょう。
そこで妃は考えました。

「え、擬人化すればよくない?」

……冷静に考えてみてほしい。
人間に置き換えれば、その魅力も伝わるはず!

ってなわけで、妃の画力でこれをこうこうこう!

デグーイラスト1

右が左になります。
イラスト描くの久しぶりだし、指で描いてるから線画ガッタガタだよww

・目がクリクリ
・スポーティーポニーテール
・たぶん、ラグビー部とかのマネしてる
・生意気そう

こんなイメージです。

さて、デグーというのは、コミュニケーションが得意な生き物です。
十数種類の鳴き声を使い分け、群れで生活しています。
ですので、慣れてくると飼育者を群れの仲間(餌係り)と認識してくれ、
積極的にコミュニケーションを取ろうとしてくれるのです。

この行動に関していえば、ペットでおなじみの犬や鳥と同じですね。
逆に同じげっ歯類でも、ハムスターとの違いと言えるでしょう。

では、ここでコミュニケーションのひとつ、グルーミングにチャレンジしてみましょう。
こちらです。



デグーイラスト2

……
…… ……。
そんな簡単に落とせる女ではないらしい……。

実際、イラストのような嫌な表情を見せることはありませんが、撫でようとする指を払いのけられます。
飼育開始から半年が過ぎましたが、始めの3ヵ月くらいはこんな感じでした。
個体差はあれど、一般的にメスの方が警戒心が強いらしいです。
まあ知ってたけど……
_(:□ 」∠)_ァァ……

しかーし、いつまでも餌係りの地位に甘んじている妃ではない!
可愛い女子が目の前にいて、黙って見てるだけなんて出来るかぁ!
もう一度、攻めるんだよ!
すると、どうだぁぁぁああああ????

デグーイラスト3

アゴ撫でを察知して、待ちの姿勢の入るではありませんか!?
ここまで来たらゴールまではあと少し!
一気に攻める! するとこうなる!






デグーイラスト4

「ピーナッツ」のチャーリー・ブラウンってこんな顔で笑ってなかったっけ……?
さっきまでの澄まし顔はどうした……?

気持ち良さそうに目を細め、歯をむき出しにして笑う。
本当にこんな表情を見せてくれるんです。面白いでしょ?

実物はうまく写真が撮れなかったので、気になる方は【デグー 撫でる 顔】とかで検索してみてください。
いっぱい出てくると思います。

デグーと一緒に過ごすにつれて、警戒心もなくなり、
また妃も、撫でなでテクニシャンとなり、
お互いの距離が縮まってきたように感じる、今日この頃……。

「何故だか、うちの子は右アゴしか撫でさせてくれない。
 親密度アップで左アゴも開放されるかしら……?」

なんてことを考え、行動する毎日です。
デグーに限らずペットの観察って喜びが尽きないものだなぁ、と思います。
またそれが、ペットにとっての喜びに繋がればいいですね☆
(なんか良いこと言ってるぅ⤴⤴⤴)


デグー2


そして最近のうちの子、撫でられ待ちをするようになりました。
デグーイラスト5

別に撫でるつもりないんですけどね……

それではこの辺で。さようなら!

妃のちょっと知ってるコルセットの世界♪

妃アイコン

こんにちは! 担当は妃です。
本日は、『妃のファッション歴』と『コルセット即売会』の2本立てで、書いていこうと思います。

『妃のファッション歴』

6月9日(日)は何の日ですか?
そう! コルセット即売会『ファントムマルシェ』の開催日です。
(ドンドン!パフパフ!)

コルセットを矯正下着だと思う方、たくさんいると思います。
しかし今回は下着の方ではなく、ファッションコルセットのお話をしたいのです。

去年、レディースファッションでウエストベルトって、流行ったじゃないですか。
あれのね、ハードなやつを想像してください。
服の上からキュッと占めて、シュッとさせる、それがコルセット。
即売会当日、妃の勝負コルセットファッションをご紹介しましょう。↓

コルセット

この赤いやつがコルセットで、こいつを実際に着ると

コルセット2

まぁ、こんな感じに。

コルセットって結構着るの大変なんですよ。後ろが編み上げになっていて、
紐でウエストを締めるんですけど、腹部って背骨しか骨がないじゃないですか。
だから、締めようと思えば、いくらでも締められちゃう。
硬い骨組み(ボーン)が入っていて、長時間着るにはトレーニングも必要なんです。
なんで、こんなもんを着ているのかと言いますとね、
「なんかカッコいい」と感じるものがあったからなのです。
というわけで、ちょっこし妃のファッション歴を振り返っていきたいと思います。

四人兄弟の三女として生まれた妃氏。現25歳。

小学生時代:
家は兄弟が多いため貧乏でした。当然、新しい服を買ってもらえるはずもなく、
いつも兄のお古を着ておりました。
(上に姉が2人もいるのに、なぜか兄のものを……)
髪の毛は母の強制で短髪に、バリカンでバリバリしてたので、
よく男の子に間違われてましたね。

当時、私は思っておりました。服なんて裸を隠す布。
興味がないという以前に、私にはファッションの選択肢というものがない。
例えば小学生の代名詞ランドセル!
当然長女のおさがりで、赤い合皮は剥げ、ボロッボロのボロでした。
その事でクラスの子からからかわれたりしてましていましたが、
選択肢をも持たない自分には、なんら関係のない事なのです。
どう頑張っても改善できないものですからね。

中学生時代:
部活友達に遊びに誘われた私に、姉が服を買ってくれました。
私には着たいと思う服なんてないので、姉の言うまま、なんとなーくで選んだのです。
それを着て友達に見せたら、「そんなの着るんだ、意外だね!」と言われました。
相手からしたら褒め言葉だったのだと思います。
だけど、私は初めて服で傷ついた気がしました。
「意外だ」という言葉がなんか引っかかったのです。
この頃から、徐々にファッションに興味を持ち始めました。
姉が読み終わったファッション雑誌をたまーに見るのです。たぶん、1年に3冊くらい……
そして、夏休みの自由課題に被服コンテストに参加しました。
親がパターナー(服の土台を作る仕事)だったので、母はよく家でミシンをいじっていました。
その姿に感化されたのだと思います。
(まぁ、私には1着も作ってくれませんでしたけどね!ふんっ!)

高校時代:
ここから、服の好みが急展開!ゴシックパンクに目覚めます。
雑誌は「KERA」と「ロリータバイブル」「ゴスロリ」知ってる人は知ってるでしょう。
雑誌には型紙が付いてくるものもあり、自分で作る事もありました。

高校2年生の時、パンクファッションでバンギャルの友達に言われました。

「○○ってさ、ゴス着て歩かないじゃん」

目覚めたはずなのに、着ませんでした。
作るけど、着たいけど、着ないんですよね。なぜか……。

大学時代:
演者志望で舞台サークルに所属。1年目は役者をやり、
2年目からは衣装を作れる人がいない、と理由で裏方中心に。
舞台衣装作りは楽しいし、周りからの評判もいい。
当時は私以上に洋裁経験がある人が周りにいないから、
衣装メイクなら天下が取れました(という気分でいた)

ただ、作れば作るほど、忙しくなればなるほど、私はゴスロリから離れていきました。
そして服に対する気持ちは小学生時代に戻ってしまいました。
裸を隠せる布なら、なんでもいい。
ピアスもメイクもなし。髪は後ろで束ねるだけ。まぁ楽だし。

そんな時、友達のショッピングに付き合って、あるコルセットブランドを知りました。
お写真でお見せした赤いコルセットのブランドさんです。
コルセットを着けた店員さんの凛とした立ち姿。めっちゃ、かっこよかったんですよね。
でも、まぁ実際にコルセットを買うのは社会人になってからで、
そのお店に連れていってくれた子に隠れて何度かお店に通っておりました。
だってコルセットの着方って、全然分からないし、どうコーディネートしていいのかも分からない!
お値段も手頃とは言えないですしね。
思い切ってコルセットの試着がしたいと店員さんに言った時、
結構勇気がいったし、同時に今日は買って帰る! と妙な気合いが入ったものです。

そんでだ、試着をしました。ウエストをキュッと締めるホールド感に、
安心感を覚えました。(めっちゃ締められて痛かったけど)
そして、赤いコルセットをお迎えする事にしたのです。

それから、しばらく……
私は全くと言っていいほど、コルセットを着ませんでした。
ある程度体を慣らすトレーニングが必要だという事もありますし、
着方を練習する必要もあったのですが、理由はそうではなくて、

「あ、私、ゴスロリというジャンルに縛られたくねぇんだな……」

という事に、だんだん気づいていったのです。
コルセットを買ったはいいもの、全くコーディネートが分からず。
ひとまずコルセットを買ったブランドさんの服を見てみるのですが、なんかシックリこない。
なんでかと言うと、コルセット以外の服が、
「コルセットを着るための、それっぽい服」に見えてきたからなのです。
ゴシック系のパターンはすごい好きだけど、装飾が華美すぎる、というのが、
私がゴスを着ない理由であり、
コルセット = ゴシック、パンク、ロリータ、クラシカル、王子……などなど、
固定されたイメージに捕らわれたくなかったのです。

「ははん、なるほど……」

私が私らしく、もっとナチュラルなテイストで、コルセットを着るためには、
【私の中で、私自身が、私流のコルセットファッションを作り出していく】
必要があると気づきました。
裸を隠す布だった服が、なんだか大事になってしまいましたね。

実際、コルセットを売っているブランドの店員さんから、
「おねぇさんは、ナチュラルに着られますね」と言われた事があります。
即売会に行っても、周りは華美で優雅なゴスロリさんの中に、
ポツンとナチュラルコーデの自分がいるのです。
……なんだか、とってもいい気分♪( *´艸`)

『コルセット即売会』

話がめっちゃ長くなりました💦
即売会って言っても、なんのこっちゃ? って
感じなのでひとまず会場のお写真を。

IMG_20190609_221611.jpg
IMG_20190609_221551.jpg

こーんなシャンデリアがぶら下がってる薄暗い店内にな、
キャットウーマンみたいな全身合皮の覆面おねぇさんがいたり、
何言ってるのか分かんないと思うけど、
全身をゴールドに塗って、ピッカピカのドラッグクイーン風のおにぃさんとか
めっちゃいるの。
カオス、コスモス、異次元、なんか、そういう空間。

IMG_20190609_222307.jpg

ブランドさんのブースはこんな感じ。
小さいテーブルにコルセットが並べられています。
その場で試着もOK。店員さんが容赦なく締めてくれますよ。
「今日、コルセット初めて着るんです」と言っている人もお見受けしましたね。

※ブースのお写真は掲載許可をいただいております。
※デザインの盗用は犯罪です(いないと思うけど、念のため)

そして、今回お迎えしたのが、このふたつ。

IMG_20190609_223014.jpgIMG_20190609_223053.jpg

①サンドカラーに蝶々プリントのコルセット。
使いまわしのしやすいカラーだし、腰骨がちょっと出てるパターンなので、
くびれが際立ちます、ウフフ……

②ネイビーカラーに大振りのブラックレースがあしらわれたコルセット。
生地が起毛なので、秋~冬向き。
ベースのカラーが、ブラック、ホワイト、アイボリー、グレーに限定されるので、
コーディネートセンスが問われそう。ウフフのフ……

ってな感じで。

コルセット即売会って言っても、同人誌とかと同じだと思うのですよ。
気が付いたら、散財してるものじゃないですか。おんなじ、おんなじ……💛

んじゃあ、書きたいことは、書きまくった気がするので、この辺で。
次は6月16日〈日)、浅草アーティズムマーケットで、
好きなハンドメイド作家さんに貢に行きます。

さよ~なら~('ω')ノ

巨人探しに山登りつつ

妃アイコン

新年 あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます!


こんにちは、妃です。
新しい年を迎え、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
ちゃんと、ぐーたらできていますか?

今年は大山阿夫利神社に初詣に行ってきました。
神奈川県伊勢原駅からバスで約20分、大山ケーブルカーに乗り、
阿夫利神社(下社)を目指します。

ケーブルカー大山阿夫利神社

神様にご挨拶をしてきました。
「え~、今年は去年よりもポジティブに生きます(宣言)」
パンパンッ♪(oノ・ω・)ノ))
ちなみに、今年のおみくじは小吉でした。


――お遊びはここまで。
この大山、デイダラボッチ伝説に登場するお山でして、神社の本社を目指しながら
探索を開始。巨人を探しに行きます
(駆逐してやる! 的な勢いで出発です)

しかし、序盤から難所が……。
急こう配の石階段、写真で伝わりますでしょうか。
手すりを掴まないと不安になるくらいハードです。
石階段
〈本社に続く階段〉

ここを超えると、ごっつごつの岩、木の根っこなどが見え、
むき出しの自然に大興奮♡♥
一段、いちだんをしっかり踏みしめ、好奇心だけでズンズン歩きます。
さながら、小トトロを追いかけ森を駆けるメイちゃんの気持ちです(笑)
道1道3

途中、霜柱を発見。
最近はコンクリートの道路が増え、霜柱を踏んで歩く機会が減りましたね。
うーむ、残念……。
霜柱
〈霜柱でテンションが上がるのは小学生だけじゃないんだぜ……!〉

オブジェ
〈作為的なオブジェ。休憩中、手持ちぶたさになった登山客の作品だろうか……?〉

山頂まで片道90分。
今回は時間の関係で泣くなく断念。引き返します。
神への道は、行きは良い良い帰りは怖い♪ というもので、
ズンズン進んでいたのが嘘のように、帰り道はへっぴり腰で下ります……。
湿った土は滑りやすく、飛び乗った岩はぐらぐらと動く……。
「はぁ~ん、この岩生きとるやんけ!」と小言を言いながら、慎重に帰るのでした。(膝がいてぇ!)
帰り道
帰り道2
〈階段が急で怖いので、後ろ向きで下りました……笑〉

その日の〆は豆腐料理で腹を満たしました。
この辺はお豆腐が美味しくて有名らしいです。

湯葉うどん
〈湯葉うどん〉

バームクーヘンのようにぐるぐるにまかれた湯葉にかぶりつくと、
じゅわ~とお出汁が染み出て、口の中に広がります。うめえ!

お豆腐コース
<お豆腐6点コース〉

お豆腐コースの味噌田楽。お豆がぎゅっと詰まっている感じがします。
さすが有名なだけはある、うめぇ!
また、ビビットなオレンジ色のうに豆腐なるものがあり、一口。
私は心の底から、うにが嫌いですが「どうせ、うにの味しないんでしょ?」
と軽く見ていると――これはまずい。
いや、不味くはないんだけど、凄いうに。本当にうに。うにってる……!!

照明
〈すっかり暗くなりました……。窓に映った照明がきれい〉


しし神様には会えませんでしたが、ケーブルカーから鹿を二頭見る事が出来ました。
今度、行くときは山頂まで歩きたいですね!
では、この辺で。担当は妃でした。