fc2ブログ
 

皆様、風邪などひかれませんよう温かくして、良い年末年始をお過ごしください!

妃アイコン


『株式会社エレファンテ所属、シナリオライターの妃ともる氏に同居人ができたようだ――』

当社にそんなタレコミが入ってきたのは、11月中旬のことだった。
新しいペットの飼育でも始めたのだろうか。
詳細を確認すべく、私はさっそく彼女をよく知る人物に接触を試みた。

~証言①~

運よく聞き込みに成功したのは、現在彼女と同棲中でもある
ピーチボーイさん 3才(仮名)だ。
ピーチボーイ


「妃氏に新たなフレンズ(同居人)が増えたというのは本当でしょうか?」

ピーチボーイさん
「はい、一緒に住んでいますよ。
 僕らとは居住スペースが違うので、交流はありませんが」


「なるほど。やはり本当だったのですね。
 一体、どのようなペットor人物なのでしょうか?」

ピーチボーイさん
「彼は、ペットではありません。
 フレッシュな食洗器(オス)ですよ」

食器洗いが苦手な彼女は、うまく食洗器の彼をゲットしたらしい。
しかし、ピーチボーイさんは声をひそめて、こう続けた。

ピーチボーイさん
「仲違いというわけではないようですが、
 やはり『入らない』ことに彼女は納得がいっていないようですね……」

“入らない”?
一体、どういう意味だろうか?

ピーチボーイさん
「いやね、彼女の子供(食器)に対して、
 彼がその……あまり快く思っていないみたいで……」

???
「ああ、フライパン(大)のことね……」

そう口を挟んだのは、となりのケージでくつろぐオレンジさんだった。

~証言②~
オレンジさん 3才(仮名)の証言によれば、
彼は契約同居人として、妃氏にレンタルされた食洗器であり、
まだ本命の彼(購入済み)ではないらしい。
オレンジ

オレンジさん
「いろんな食器を洗ってくれるし、
 すごく優しい人だって言ってたけど……。」

オレンジさん
「サイズ的に入らないとか言い訳いって
 フライパン(大)だけ、のけ者にするんだって」

小さいフライパンは洗ってくれるのにね、とオレンジさんはため息をつく。

オレンジさん
「問題はそれだけじゃないよ。
 自分の連れ子(食洗器専用洗剤)には甘いんだから」

ピーチボーイさん、オレンジさんの話から推測するに、
お互い連れ子との関係がうまくいっていない、ということだろうか。

より詳細な情報を知るべく、私は食洗器本人に突撃取材を試みた。

~証言③~
食洗器氏


「妃氏と同居しているという噂は本当でしょうか?」

マイクを向けられた食洗器氏は、明らかに動揺している。

食洗器氏
「あ、あの、いきなりなんですか?」

マイクを避けようにも、排水設備があるために逃げられないようだ。
私がなおも彼に迫ると観念したのか、ゆっくり語り出した。

食洗器氏
「同居していると言っても、レンタル期間は3週間ですから。
 それ以上の延長はありません」

契約同居であることは認めたようだ。
では、彼の連れ子に関してはどうのように釈明するのだろうか?

食洗器氏
「食洗器には、食洗器専用の洗剤が必要なんですよ……。
 ちゃんと専用のものでないと、故障する可能性がありますから」

やや苛立ったように彼は続ける。

食洗器氏
「連れ子だ、なんだって喚かれても、食洗器専用洗剤は、僕にとってなくてはならないものなんですよ。
だいたい、その事は契約時に彼女だって了承しているはずです」


「そうですか。ただ、あなたは彼女のお子さん――
 つまりフライパン(大)に対して、ずいぶんな態度を取っていたようですね?
 このことに対してはどのようにご説明を?」

食洗器氏
「ぼ、僕にだって許容サイズってものがありますから! 
 入らないものは、入らないんです!」

食洗器氏
「もういいですか……。あなたの相手なんてしていられません」

話すことはない、とでも言うように食洗器のスイッチが入った。
バシャバシャと水音がやけに大きく聞こえる気がする。

彼の言う許容サイズ――それは、心の器の大きさを言うのだろうか?
食洗器である彼と、妃氏の間にはすでに大きな溝が生じているようだ……。

そこから数日後、私は妃ともる本人と直接取材に成功した。
閑静な住宅街の道端で、大きな段ボールを抱え、よろめきながら歩く彼女は言う。


「今から彼をレンタル会社に返送するんです。
 今日で契約期間が終了するので」

縦約42cm、横約41㎝、奥行約38㎝、その重量は約14Kg……。
女性ひとりで抱えるには、さぞや重たいに違いない。


「フライパン(大)が洗えないとか、専用の洗剤が必要だったなんて、
 私にはどうでもいいんです」
 

「ただ、ひとつだけ心残りがあるとすれば――
 魚焼きグリルを洗っておけばよかったかなって……」

そう言って彼女は段ボールに視線を落とした。

食洗器氏
「………………」

段ボールの中の食洗器氏は一向に口を開こうとしなかった。
梱包された以上、お役御免、ということなのだろうか。

そうして彼女はまた、よろよろと歩き出した。
近くのコンビニで配送の手配をするのだろう。

時折、段ボールを降ろし、休憩を挟みながら歩く彼女の背は
なかなか小さくならない……。

食洗器のレンタル――という一大決心も虚しく、訣別を決めた彼女に
「魚焼きグリルも入らなかったと思うよ」とは、到底言えなかった……。

……。

…………。

今年度のエレ女ブログの更新は妃で最後になります。
また来年、お会いしましょう。
では~。

妃は最近ビタミン剤に手を出した。

妃アイコン

梅雨入りが早く、例年よりも気温の変化が激しい春ですね。
ペットのために除湿を付けては室温が下がり
室温が下がればヒーターを付け、
ヒーターを付ければ、それだけ電気代が嵩むんでございます。

そうそうペットと言えば、
妃家にはデグー以外にもおりまして
春の訪れと共に野生を取り戻す勢いで暴れているんですな。

亀


くりくり、うるうるの眼差しを向けるお亀……。
そんなに見つめなさんな、照れるじゃありませんか。
こっちは踏ん張ってんだからさ。

お亀の水槽を設置しているここはそう、トイレです。

亀2

自粛期間も長くなりましたが、
皆様はいかがおすごしでしょうか?

なんて、前のブログでも
同じフレーズを使った覚えがありますねえ(煩悩)

幸いなことに妃は引きこもりが得意なもんで
特に問題なく過ごしております。

ただ、ちぃーっとばっかり
牧場に行きたいなあーとか
アフターヌーンティーに行きたいなあーとか
余所行きのお洋服ばかり買い求めたりとか

やれ、どこそこのブランドから
新作の靴が出たぞぉとか
散財しまくってるだけでございます、えぇ。

そういえば、前のブログでは特殊メイクをやりたいなどと
言っていたような気がしますね。

あれから、油性のフェイスペイントを購入しましてね、
ひっそり遊んでおりました。
↓それがまあ、こんな具合で。

メイク



(((油性は発色がいいぞぉ^^)))

ジッパーの中にステンドグラスを閉じ込めるようなイメージで
プランを練ってみましたが、
なかなか色味の調整が出来ずにこうなりました。
(まあ顔料が油性だしね?)

ジッパーを外すのに前髪が何本か持っていかれましたが
これが等価交換ってやつなのですね。
致し方ない、魂の情報はくれてやりましょう。

そんなこんなでね、
妃は楽しく日々を過ごしております。

とはいえ、ちぃと困ったことがありましてね。
まさに今、そう、このブログを書いているNowですね。
いやいやまさかと自分でも思いますが
ここまで書いておいて肝心のアレがないんですね…

ああ、いずこへ行ってしまわれたのか
ああ、いつぞや失ってしまったのか

見つからないのでございます、
このブログのオチが……


(そういえば最近、DHCのマルチ・ビタミン剤を飲みはじめました。
肌荒れ治るといいなあ……)

世界で一番お皿洗いが嫌い

妃アイコン

スポンジに食器用洗剤をクシュクシュすると、トイレに行きたくなります。
こんばんは、妃です。

世界で一番お皿洗いが嫌いなせいか、台所に立つと尿意を覚えます。
ちなみに、二番目に嫌いなのは蓋の無い公衆トイレです。

本日のブログは
1、温故知新ってやつは、これだから……。
2、努力は才能ですか?
の、二本立てでお送りいたします。

1、温故知新ってやつは、これだから……。

時々、昔の原稿を読み返すようにしています。

入社4年目にもなると、3年間培った執筆能力(?)とか、価値観とか、
原稿の見方に変化があることは当然で、良くも悪くも「××っすねー」と感じるわけです。
(××には好きな言葉を当てはめて読んでね!)

こんなふうに振り返ってみると、見えてくるものがあるわけで
学習の一環として耐えることにしています。

そんな時、予想外のデータに出くわすこともあって、
学生時代に使っていた携帯のデータを古いPCから発見したのです。

サークルの夏合宿で、同期(なぜかセーラー服)と先輩が
額を突き合わせて、いこいこし合ってるという謎の動画でして、
(どっからどうみても百合の花咲いてる)
ああ、これが合宿マジックだなーと恐ろしくなりました。

そうそう。その合宿の思い出いえば、
最終日に寸劇(ミュージカル)を披露せねばならず、
同じ部屋の先輩たちと一から作るわけですよ。

で、それぞれが小道具を持ち寄って
とりあえず、衣装に着替えてみたりとか
とりあえず、亀甲縛りしてみたりとか
とりあえず、BL漫画を音読してみたりとか
そーいう、チャレンジをするわけですな(シラフで)

一体、誰が先輩(男子)を亀甲縛りしたのかも覚えてないし、
なんでそんな先輩に「(BL漫画)読み聞かせしてくださ~い♪」と言ってしまったのか、
覚えてないけど、これが自分の青春だったのだな、と思いました。

まあ、これも学習の一環です。
温故知新って恐ろしいですね……。
(何も温まってねぇ――以下略)

2、努力は才能ですか?

青春といえばですよ、奥さん!
この前、「ブル―ピリオド」の9巻を読み終わりまして(^∇^)ノ!

―――――――――――――――――――――
※漫画「ブルーピリオド」とは
雑に言うと、美術に目覚めたマイルドヤンキーが
芸大トップと言われる、東京藝大を目指す話。

「左利きのエレン」が好きな人はきっと好き。
―――――――――――――――――――――

その9巻の中で「努力は才能であるか?」という話題があるんですけどね、
努力家の主人公は「努力はあくまで努力だ」というわけ。
皆さんどう思います??

人によって努力とは? 才能とは? っていう定義から
違うんだろうから、そこに正解はないと思うけども、
僕は才能だと思うんスよ。

世の中には自分みたいに努力が出来ない人間もおりまして、
そーいった人間からすれば、輝かしい才能なんですわ。

自分が思う努力ってのはゲームでいう「限界突破」だと思っていて
100levelカンストした、その先なわけだ。

とか言いつつ、急に真逆のことを言うんスけども、
人間に限界はないから、突破もクソもないのよ。

仮に現地点での自分を100levelだと思っていて、
その先に進んだとしたら、今までの自分は99levelだったんだなってだけの話。

限界がないから、突破もできないし
levelがあがること自体は、努力でもなんでもないわけ。

自分に置き換えると↑こうなるけれど
他人が飛躍すると、相当努力したんだなーって思う。
努力が見えなきゃ、それを才能呼ぶかもしれん。

努力と才能の関係性ってこんな感じじゃないかなー。
努力しているところを目にしたら、努力してるなと思う。
その人が飛躍すれば、努力が実ったと思う。
努力が見えなかったのなら、元々備わっていた才能だと言う。

過程と結果次第では努力でもあり、才能でもあるわけだ。
それを自分に当てはめて考えようなんて、ナンセンスでしょ。
皆さん、どう思います??

(以上、本日のブログ担当は妃でした)

『ところで今夜は冬至です!』

妃アイコン

来年はどんな年になるだろうか……。
そう思うと占いに行きたくなります。

信じているわけではないのですが、
手相、占星術、タロットカードといくつか試していると、
全て違う占い師にも関わらず、共通して言われることがあるんですね。

そのひとつに「悪運の強さ」があります。
これは妃がある占い師に言われたことですが、
「悪運が強すぎて、戦場に出ても弾の方から貴女を避けていくわ」との事。
この言葉、生涯大事にしていきたい。妃は、そう胸に誓ったわけです。

これだから、占いは面白れぇんだな!!
(悪運より幸運くれよ、って感じだけど)

というわけで、占いは人間観察だと思ってる系シナリオライター
妃が本日のブログ担当です。

さて、今回は何をテーマにすっかね~と考えて気付いたんですけど、
今年のブログ更新は私で最後なんですよ。
トリを飾るじゃないけれど、最後はビシッと締めたいわけで。
きっと真面目なテーマな方がいいと思うんすよね、なんか世間的に……。
だから、今回のテーマは「来年の抱負的なアレ」です。

最近、Twitterでも呟いたんですけど、私、人外になりたいんですよね。
想像上の怪物でもなんでもいいんですけど、
特殊メイクで顔面ぐちゃぐちゃにしたいんです。
(時間があったら、今期アニメ「呪術廻戦」の両面宿儺の指とか作って、
「これで俺もCV.諏訪部さんになれる~ウェ~イ☆」とかブログでやりたかったなぁ…)

傷メイク程度ならしたことあるんですけど、
ちゃんと顔面の型取りして、変形させるところまではやったことなくって、
来年出来たらいいな~とぼんやり思ってたりするわけです。

んで、もしするならこんな感じか、と雑にプラン図を考えてきました。

人外プラン図


テーマとしては「柔軟な四肢美しさ×幻妖」
人外になりたいとは言ったけど、体全体を怪物じみた様相にするのではなく、
あえて人間らしさとミックスすることで、なんかこう、良くなりそうな気がする(する!)
それで好きなアパレルブランドとか、自分が作った服とか合わせたい……。
(ここで広がるマイ ドリーム♪)

バレエなどの柔軟な動きには「ヘビ」のモチーフだといいな~と思って、
怪物のデザイン起こしてみたんですけど、
書いてるうちになぜかドラゴン系に寄ってしまいましてん……。
緑に塗ったせいで、ピッ○ロ大魔王感があるような……。

本当は左に塗ったようなダークトーンで、
「ハリーポッターと秘密の部屋」に出て来るバジリスクみたいな質感にしたいんですよね。
ブルー系のパウダーとグリッターで陰影をつけたり、
鱗の模様なんかをつけたら、それらしくなるんじゃないかしら?
そう考えると左右のアプライアンス取って、
全体的にスムーズなデザインに直した方が良さそう。

うむ、デザインって難しい……。
その手のセンスが皆無なので、誰か僕を人外にしてください(煩悩)

という感じに、来年の抱負的なアレは『人間を捨てること』です(ジャジャーンッ!)

だけど、ここまで来たら自分の本業が分からなくなるな。
シナリオライター全然関係ないし。
そうだ! ここにショートストーリーなんかを載せたらいいんじゃないだろうか。

自分の好きなゲームに「ソウル・サクリファイス デルタ」というのがあるんですけどね、
人が怪物になった経緯やその後の顛末などのSSが読めるんですよ。
そういう感じで、ストーリーをつければ、シナリオライターっぽさあるよね。
よし! それを冊子にして、デザフェスで売ろう! そうしよう!( *´艸`)

こんな感じで来年は顔面に石膏を塗ったり、
シリコンぺたぺたしたりできる年になったらいいなぁ~。
あと、ついでにコロナも落ち着いてくれると嬉しい。

……。

…………。

……………………ここで終わりかと思うじゃん?


そういえばすっかり忘れてたんですけど、
この辺りでタイトル回収しておきたいと思います。

ところで、今夜は冬至でーすっ!

皆様、暖房つけまくって、暖かくお過ごしください。
(うちの12月の電気代が8,650円なのは、暖房をつけまくった結果です、悲しい…)

以上、今回のブログは妃でした。
また来年お会いしましょう。良いお年を~♪

『陶器じゃなくても花瓶でいっすか?』

妃アイコン

皆様、こんにちは。ブログ担当は妃です。

自粛期間が半年を過ぎ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
妃は積読ならぬ積ゲーの消化と、おデグの世話で比較的ハッピーに過ごしております。
(そもそもが引きこもりのヒッキーだから全然辛くないんだな)

とはいえ、半年以上も外出自粛が続きますと、生活に彩りが欲しくなってくるもの。
そこで部屋に花を飾るための、花瓶を探すことにしたんです。
でもなかなか好みに合うものがなく、どうしたものかと思っていたところ、
某王妃の台詞を思い出しました。
「パンがなければケーキを食べればいいじゃない?」
じゃあ、花瓶がなければ?

↓妃の解答例
作ればいいんじゃない?

というわけで、花瓶作りスタート。
題して『妃さんの作ってwkwk♪』

材料のはこちら。
材料一覧

・気合で飲み口を切り落としたペットボトル
・木粉粘土
・珪藻土塗料
材料は全て近場のダイソーで購入しました。

木粉粘土ってなんぞや? とお思いの方へ、割ってみるとこんな感じ。
粘土断面

粘土に細かい木くずが混ざってるんですね。
今回は和モダンな花瓶を目指すため、この風合いを選びました。

まずはペットボトルに粘土をくっつけ、平たい場所で転がします。
粘土の厚みを均等にするため、必ず一定方向に動かす、これがポイント。
こんなふうに粘土をいじるのは久しぶりなもので、
そういえば私、粘土嫌いだったなぁ、としみじみ。
ころころ

幼稚園生のころ、粘土といえば油粘土。
この臭いや手触りが大嫌いでした。
しかし今や粘土ってたくさん種類があるんですね。
この木粉粘土はほぼ無臭だし、素手で触っても手にまとわりつかない。
とても扱いやすい。素晴らしい('ω')

その後、満遍なく粘土を広げたところで乾燥→ヤスリ→塗装をすませる。
粘土乾塗装後
塗装の前後。
基本作業が夜中なので、写真ではわかりづらいかもですが……
珪藻土塗料を塗ったところで木粉粘土の風合いが抹消されるという誤算が発生。
ま、いっかー("-)

これだけだとちょっと寂しいので、アクリル絵の具で柄をつけることにした。
塗装2
花を活かすべく柄はシンプルがいいのだけど、
だんだん筆の動きがエスカレートしていく。




塗装5塗装6
塗装3塗装4

色々描いていくうちに、和モダンという目標も抹消されたけど、まぁいいでしょう("-)
(そもそも和モダンとか、そんな洒落たものが自分に作れるはずがねぇんだ)

さて、これで完成かと思いきや、肝心なことを忘れていた。
花を生けるためには水がいる。しかし木粉粘土は水に溶けてしまう。
花瓶として使うためには耐水性のニスが必要なわけで、
でも近場には売ってないわけで……。
っていうか外に出たくないわけで……。
という諸々言い訳を浮かべつつ、花瓶は完成しました。
実際に花を挿してみるとこんな感じ。
完成

うむ、なかなか良い気がする。水入れられないけど。
満足度40%くらいかな('ω')

はい! ストレス溜まるこの期間、
こんなふうに何か作ってみるのはいかがでしょうか?
芸術の秋をちょっと先取りするのもいいかもしれませんよ。

以上、本日のお相手は妃でした。