FC2ブログ
 

愛すべき岩山。

竜仲スグル

こんにちは、今回の担当は竜仲スグルです!

もう2020年に入って1ヶ月以上も経ってしまったなんて……。
非情に受け入れ難いですね……。

そして、時の流れは感覚だけではなく、物理的にも影響がございます。(辛い)
デスクワーク中心の仕事をしていれば、もう逃れられない肩凝り、腰痛などなど……。
それが年々酷くなっている気がするのは、『気がする』のではなく『事実』なんですよね。(辛い)

というわけで、最近、地味に健康グッズを買ってしまうことが多くなってきたので、
今回はその中でもオススメの2点をご紹介しようと思います。

まず一つ目は、このマッサージボール

ボール

肩、首回り、背中、足……あらゆる場面をゴリゴリほぐせるアイテムです。
2個セットで販売されているのですが、私は家と事務所に1個ずつ置いています。
これのすごいところは、
凝りが気になる部分に転がすだけで凝っている部分にピンポイントで刺激が届くところ。
ボール型なのに、何故かツボ押しでもされているような感覚で圧をかけ、ほぐしてくれます。

私は年に一度は首が回らなくなるタイミングがあるのですが、
「あ、なんか嫌な予感がする……」と思った時には、
これで首周りを重点的にマッサージすると、最悪の状態を避けられます。
(その前に整体に行くべきだということはわかっている)
めちゃめちゃオススメのアイテム!

そして二つ目は、この足つぼマット

足つぼ上

見てください、この凹凸!!

足つぼ斜め

(足つぼマットの撮影会をしている自分の姿を想像すると心がゴリゴリに削られる)

足つぼ横

剣山と呼ぶにはあまりにもゴツいので、岩山と呼んでいます。
踏んでいて気持ちがいいというのが一番なのですが、
考え事をする際にこの上で足踏みすると、なんだか頭が冴えてくるような錯覚を覚えられます。
(たぶん本当に錯覚)
眠い時は試しにジャンプして、あまりの激痛に後悔しますね。
(いくら痛くても眠いものは眠いので、真似しないでください)
私は末端冷え性なので、踏めば血行もよくなる気がして、重宝しております。

お店の足つぼマッサージも気にはなるのですが、行く勇気はありません。
あまりの痛みに足癖の悪さが発揮されてしまいそう。


この仕事をするまでは、それなりに運動をしていたため、
肩凝りとも無縁の人間だったのですが……もうダメです。
適度な運動を継続することとゆっくりお風呂に浸かるなんて時間もなかなか取れず……。
ただひたすらに肩がバキバキになり、血行が悪くなるので、こういう健康グッズにはとても助けられています。
デスクワークなどが多い方は、試してみてもいいんじゃないでしょうか!?

今年も健康で過ごしたいですね!(健康が一番! ほんとに!!)
ではでは、今回はこのへんで~!

夏の長所はビールが美味いことだな。

竜仲スグル

こんにちは、今回の担当は竜仲スグルです!
………………暑すぎませんか?
「人間の生きていく気温じゃない」「殺す気か……」等と文句を言いつつ、
「でも、こんな地球にしたのは我々人間なんだよな……」と考えては落ち込む日々です。(暗い)

そんな中、先日、両親が旅行で東京に来ました。
”旅行”と言いつつも、私があまりにも連絡を取らないので、様子を見に来たという感じです。
つまり、私の様子がわかれば他は特に用がない。ノープラン。
この暑さ、しかも夏休み時期にそれはキツイ。
路頭に迷ったり、店が混んでいて入れなかったりしようものなら命を落とす……
と、半ば無理矢理行きたい場所を決めてもらいました。

まずは、やはり鉄板の『東京スカイツリー』
私と同じように上京組の皆さん、
地元から友達が遊びに来た時には、ほぼ100%「連れて行け!」と言われる場所ではないでしょうか?
私も何度か行ったことがあります。
しかし、今回初めて一番上の展望回廊まで行きました!
(なぜ今まで行かなかったのかと言われれば、お金がなかったからだね!正直)
ちょうどスヌーピーとのコラボや展示もやっていて、とても楽しめました。

スヌーピー

景色よりもスヌーピーの写真を撮った自信がある。
もちろん、景色の写真も撮りましたよ?

縦景色

横景色

この日は晴れてはいたのですが、空気が濁っていて、富士山は見えませんでした。
それでも、やはりかなり遠くまで眺めることができ、大満足!
かなり初期のブログで書いたことがあるのですが、私は高い所からの景色がとても好きで、
スカイツリーも何時間でもいられると確信しました。

ただ、高すぎる感はあるなぁ~。
車や人の動きを見るのが好きなので、この高さはさすがに見づらい……
(楽しむところはそこじゃないのだろうけれど)

それでもやはり、普段見られない景色を見ることができますし、
また行きたいです!

そして翌日、母親リクエストの『京橋千疋屋』へ。
今回は恵比寿のお店に行きました。
朝一で入店し、パフェを食した……リッチじゃ……。

千疋屋

私はこの桃のパフェを食べまして。
もうね……見た目も美しければ、味も素晴らしいですよ。
桃はジューシーで甘~くて、生クリームの下にある桃のシャーベットは甘酸っぱくて爽やかで。
本当に美味しい。また食べたい!!

そして、千疋屋の後は、『ヱビスビール記念館』へ。
(https://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/)
こちらは父親リクエストです。
あのね……私はこんな夢の国があるなんて知らなかったよ。
お客さんももちろんいらっしゃるんですが、混雑というほどでもない。
ギャラリーでヱビスビールの歴史を学んだあとは、エビスで乾杯ですわ。

飲み比べ

飲み比べセット。
ビールが美味しければ、つまみも美味しい。
チーズと塩えんどう豆、永遠にいけます。

そして……

ジョッキ

父親がいつの間にか私のぶんも注文してくれて、このサイズのジョッキがドドン、と2つテーブルへ。
(写真を撮る前にたまらずグビグビいったのは許してほしい)
このジョッキ、750mは入ってるよな~……。
「余ったら父が飲む」と言いながら渡され、
「こんなに飲めへんわ~」と返しながら全部飲んじゃったね。
3口くらいは母親に譲りました。

今回、私たちは飛び込みで行ったのですが、予約すれば見学ツアーもあるそうなので、
そちらも行ってみたいですね。

そんなこんなな両親との東京観光。

両親と3人でどこかへ行くということ自体、もう何年ぶり?むしろ初めてなのでは?という感じだったので、
感慨深いというか、なんというか不思議な時間でした。
楽しかったし、こう……くすぐったい幸福感もありましたね。
よかったよかった。

というわけで、早々に私は夏休みらしさを満喫し、早々に夏休みを終えた感じがします。

8月中に、何か、楽しいこと、見つけるよ。うん。

皆さんも、熱中症などには十分お気を付けて、夏を楽しんでください!
ではでは、今回はこのへんで~!

平成の最後に、ちょっとした雪融けの話

竜仲スグル

こんばんは、今回の担当は竜仲スグルです。
さてさて、新元号が発表されましたね!
「令和」……第一印象は「なんかすごくシュッとしてる」でした。
今回はそんな令和を控えて、平成最後の更新になるかもしれません。

――突然ですが、みなさんは反抗期というものはありましたか?
有無や程度は人それぞれだと思いますが、私はありました。
それもかなり重度かつ長期間。(だいたい6~7年くらいかな……)

恥ずかしながら、荒れに荒れていたため、父親に茶碗を投げて暴言を吐いたこともあります。
その時吐いた言葉は一言一句覚えているので、無意識のうちにそれなりの後悔もあったのかもしれません。
(あまりに酷いのでここには書きません)
それでも、そうせずにはいられなかったんですよね。
当時の私にどれだけ説教したところで、何の意味もなかったでしょう。
暴言・無視・舌打ち・避ける・睨む・壁を殴る等々……
よくもまあ、そんなことができたものだと今では思います。

そのたびに母親に叱られましたが、それもイラつくだけ。
両親のことはかなり傷つけていたんだろうなと思います。
(溺愛している親戚の子供に同じようなことをされたら寝込む自信しかないので、
自分の子供だとなおさらだろう……)

もちろん、反抗期前の可愛げがあっただろう時間も覚えているんです。
休日の早朝、「そろそろ動き出すか……」という時間まで、両親とのんびり布団の中でお話したこと。
水泳教室の送り迎えの際、近くのコンビニの駐車場で、父と一緒に肉まんを食べた時間。
母に叱られて家を閉め出された時、父がやってきて、地面に寝転がって高い高いしてくれたこと。
母と一緒にパンやお菓子を作ったこと。
たくさんあるのに、反抗期にはそれが全く思い出せない
考えようともしない。

けれど、家を出ると、おのずと親のありがたみがわかるというもので……
私は大学進学と同時に家を出たのですが、一人暮らしをするうちに「両親ってすごいんだな」と思うようになっていました。

なんというか、親を一人の人間として認識できるようになる。

お金を稼いで、私や妹弟を大学に入れてくれて、あれほど迷惑をかけた私を放り出さないでいてくれて、長女なのに勝手に上京したにもかかわらず未だに好きなことをやらせてくれている……と、
挙げればきりがないですが、本当に尊敬します。
本当に、感謝しています。


でも、気づいた頃にはもう、どうやって両親(特に父)と接していたのかわからなくなっていて、
今は帰省した時に一言二言話す程度です。(というか、ようやく話せるようになってきた)
わかならいなりに可能な限り優しさをもって接していると……思いたい……。
引っ越ししても聞かれない限り住所を教えることはないし、勝手にやってますがね。
報告しろって話なんですが……わかってるけどこれがなぜか難しい。(仕事ならできるのに……)
改善するよう、引き続き努力はします。

そんな感じで、後遺症はぎゃんぎゃんに残っているものの、私は家を出たおかげで反抗期が終わりを告げました。
だいたい反抗期には「家を出たい」としか思っていなかったので、思う通りに家を出れば、いつの間にかなおるという、
なんとも複雑なこの感じ……。
ですが、距離を取り、一人で生活してみることで、今まで見えなかったものというか、気づいていたけれど受け入れられなかったものが、すとんと落ちる瞬間が訪れたのです。

――と、父親と絶賛大反抗中であるらしい弟に伝えたいのですが、
まぁ、聞いている感じ、私よりはマシだから大丈夫じゃない?しらんけど。
(姉にはお前に一人暮らしをさせてやるためのお金を稼いでやることしかできん)
私と同じなら、何言っても聞かないでしょうしね!
(妹の反抗期の話は聞かなかったので、ヤツはすごいと思うわ……尊敬する)

そんなこんなで、結局言いたいのは、
新生活が始まって、家族との関係や家族への考え方がほんの少し変わった方もいるのではないか?
変わった時に、家族について少し振り返ったり考えてみるのもいいかもね!
という、ただそれだけのことです。

なんか遺書みたいなブログになってしまったなー……。
柄じゃないなー……ウホウホ。
別にブログのネタがなさすぎて、思いつきで書いたんじゃないですよ、うん。


反抗期は人生を左右する!

令和は平和な時代になりますように!


桜

今回の担当は、ともるさんの足を「エロいエロい」と言いながら撮影しまくっていた竜仲でした!
それでは、また令和にお会いしましょう~!

女子部、スパイになる。

竜仲スグル

こんばんは、今回の担当は竜仲スグルです!
ド深夜での更新、失礼いたします。
とうとう12月に入ってしまいましたね……(この時間は本当に寒い)
私は早速風邪をひきましたが、皆さまも体調にはお気をつけください!

さて、先日、突如会社のカレンダーに『女子部、スパイになる』という予定が入りました。
理由は「何か楽しいことしたい!!(すごく純粋で尊い気持ち)、ただそれだけ。
というわけで、女子部でスパイ体験なるものをしてきました!
場所は、新宿にあるinSPYre(インスパイヤhttp://inspyre.jp/)という本格スパイ体験アトラクション施設です。

私たちは、スパイ機関「inSPYre(インスパイヤ)」の新米スパイとして、悪の秘密結社「BLACK-MAX」に潜入し、BLACK-MAXの悪事を阻止します。
機関からは毎回異なるミッションが与えられ、それを遂行しなければなりません。
世界の平和を守るために!!

ネタバレ防止のため詳しいことは言えませんが、各ミッションでは、暗号を解読したり、標的を銃で撃ち抜いたりなど、頭と身体を使わなければなりません。
いつスパイということがバレるかもわからない状況なので、与えられた時間内にミッションをクリアしないと、失敗となってしまいます。

BLACK-MAXの悪事は私たちが止めてやるぜ!ということで、写真(↓)の受付で早速チャレンジ。
果たしてミッションクリアなるか!?
inSPYRE

……ダメでした。
BLACK-MAXのアジトは思いのほか広く、そして複雑で、地図を見ながら走り回るも制限時間が来てしまい、撤退しました。
でも、初めてだから仕方ないよね!

一回目のミッションの後、早速休憩する新米スパイの私たち……。
腹が減ってはミッションクリアできませんから、割としっかりいただきました。
メニューはかなり豊富で、なんと飲み放題の宴会プランなどもあるそうです!
しかもなんと!
inSPYreは昼夜問わず稼働(午前11時~午前5時まで営業)しているので、終電を逃して夜から朝までスパイになることも可能です。
ネカフェに行って寝るくらいなら世界のために働きたいというストイックな方や、どうして自分は今新宿にいるんだろう……そうか神がスパイになれと言っているんだ!と突発的に宿命を背負った方にはとてもおすすめです。

すごい施設だね~などと言いながら、十分すぎるくらい休憩した後、二回目のミッションにチャレンジしました。
ミッションの難易度は一回目よりも上がっており、当然失敗。
その次、三回目も失敗に終わりました……。
スパイの道は険しかった……。伊達に命かけてない。

私たちは三回潜入できるチケットを購入したので、今回はここまでとなりました。
事前にネットでレビューなども見ていたのですが、「一度でクリアするのはほぼ不可能」とあったので、妥当な結果だと思っています。……うん、私たちはよく頑張ったよ?

ただ、それでも私たちは向上心のある新人スパイですから、絶対リベンジに来ようと燃えております。

スパイ体験以外にも、施設内には、なぜか迷彩服を着て、武器を持って撮影できる写真スポットがあったり、かなりワクワクできる場所でした!
KEEP OUT

防具

脱出ゲームとはまたひと味違った体験ができ、楽しかったですし、リフレッシュもできました!
みなさんもスパイになりたい、世界を救いたい気持ちが少しでもあるなら、一度行ってみてはいかがでしょうか?

それでは、今回はこのへんで。
よいお年を!!

博多と沖縄に恋をして~2018、夏~

竜仲スグル

こんにちは、今回の担当は竜仲スグルです。
(サムネイルは友人の言寺あまねさんに書いていただきました!ありがとう!)
今回は、写真と愛多めに書かせていただこうと思います。

実は、6月中、花井とともに博多に滞在しておりました。
理由は会社から『好きなとこ行って仕事してきな』と言われたからです。
思い付きと勢い感がすごいですが、これにはきちんとした事情もありまして。
こういう仕事をしていると、つい引きこもりがちになってしまうんですよね。
土日も仕事をしているし、なかなか遠出する機会もない。
おまけに引きこもりがちな性格ときてしまえば、いよいよ遊ばない。
そんなことではダメだ。
インプットもきちんとしながらアウトプットもしなければ、ということから生まれたこの企画です。

さて、一ヶ月間福岡滞在となりました私たちですが、本当にいろんな場所に行きました!
レンタカーを借りて、太宰府天満宮や志賀島へ行ったり、面白いお店を見つけてはふらりと立ち寄ってみたり……。

天ぷら
太宰府近くで食べた天ぷらそば。
美味すぎた。引くくらい美味かった……。

大東園
博多で有名らしい焼肉屋さん『大東園』さんの肉!
冷麺もキムチも最高でした!!

志賀島
レンタカーを借りて行った志賀島。海最高!!綺麗!!と叫んでいたのですが、
後々聞くと、博多の人にとっては普通の海らしいです。
嘘だろ?

鉄鍋ぎょうざ
名物、鉄鍋ぎょうざ。
志賀島の帰りに食べて、花井とビールを飲みながら「最高かよ!」とキレ気味に叫んでいました。
本当に美味しい!!

うにいくら
あなたは口の中をうにで満たしたことがあるだろうか?
君は口の中をいくらでいっぱいにしたことがあるだろうか?

泣きながら食べた。余韻すら愛しい。

一天門
私たちが幾度となくお世話になったラーメン屋さん・一天門。
どれだけお腹がいっぱいでも入る。入ってしまう。本当に美味しかった……。

楽しすぎました。

もちろん、一日引きこもって仕事をしなければならない日もたくさんありましたが、
たくさん遊んでたくさんお仕事をして、全力で生きていた気がします。
充実とはこういうことを言うんだな。

いよいよ福岡滞在も終わろうという時、東京に帰りたくない!となってしまい、悪あがきで沖縄へと飛びました。
レンタカーを借りて、美ら海水族館や海にも行って……人生のピークだと思うくらい楽しかったです。

海
海の綺麗さに衝撃を受け、運転しているにも関わらず前方不注意になりそうだった。
恐ろしいほど綺麗。「沖縄の海を見ると、海の概念変わるで」と友人から聞いてはいたのですが、変わりましたね。
車の中で「綺麗すぎる!」「ありえない!」と騒いでました。

本当に、あんなにはしゃぐとは思わなかった……最高だった。
ドライブがこんなに楽しいと思ったのは初めてです。
ずーーーーーーーっと運転してられる。

美ら海
美ら海水族館。綺麗だった……。素晴らしい癒しスポットです。

かめ
かめかわいい。かめかわいい!!!!

ゴーヤチャンプルー
本場のゴーヤチャンプルー。もともと好きだったけど、やっぱり美味しかったな~!
1日しかなかったので、沖縄料理は食べれるだけ食べて帰ろう!と胃袋の限界に挑みました。

飛行機
沖縄との別れ……辛くて本当に泣きそうだった。

博多と沖縄に恋をしてしまったので、今は博多か沖縄に住みたいという一心で生きています。
東京に帰ってもちゃんと遊ばなければと思っていたのに、何をしたらいいのかわからない……。
これでは行く前と同じだ!
生活スタイル、変えていこうと思います。

とにかく、この一ヶ月で本当にいろんな経験をして、刺激をいっぱい受けました!
同時に色々考えてしまうことも増えましたが、とても楽しかったですし、これからの糧にしていこうと思います!

とりあえず、株式会社エレファンテ福岡支部or沖縄支部作りませんか?
(沖縄は少し考えたことがある、と偉い人に言われたので、全力で期待しています)

福岡と沖縄、たくさんの思い出をありがとう!!
あなたたちには定期的に会いに行きます!!
好きすぎて、福岡・沖縄擬人化乙女ゲーム作ろう!とすら花井先生と話し始める始末です!!好き!!愛してる!!

一ヶ月ですので、まだまだ語りつくせないほど思い出はありますが、この辺で。

さて、そろそろ弊社女子部に加入しました妃が、このブログにも登場するのではないでしょうか!?
いやー楽しみですね!こうご期待!

ではでは!