FC2ブログ
 

何事も計画段階がいちばん楽しい説

花井カオリ

みなさまこんにちは!
今回の担当は花井カオリでございます。

めっきり秋ですね!
自宅のすぐそばにキンモクセイの木があるのですが、
2~3日前に開花したようで、窓を開けると部屋にあの甘い香りがふわっと流れ込んできます。
ああ~幸せ……この香りの中で息絶えたい……。


そう、秋がきたということは、夏が終わったということです。
みなさまは夏らしいこと、何かできましたか?


私はねえ……、6月いっぱい福岡でお仕事をさせて頂いたのですが、
福岡から東京へ戻ってくる直前に、竜仲と沖縄へ向かったのですよ。
6月末だったので、その頃の沖縄はすでに夏!
青い空と青い海を心行くまで満喫したもので、7月に東京へ戻ってきた頃にはもう「私の夏は終わった」状態でした。

なので今年は私、2度夏を経験したような気持ちです。
沖縄の夏は最高だったけど、やっぱり東京の夏は嫌いですわ。


まあそれはそれとして、女子部のみんなでも「1日くらい夏を楽しもうぜ!」ということで
ヒルトン東京のスイーツビュッフェになど行ってみたりしました!(あんまり夏関係ないね)
ビュッフェ? ブッフェ? どっちだろう、よくわからんないからどっちでもいいや!

20180824_142717.jpg

20180824_142733.jpg

目が眩むほどの女子空間~~~~~~!!!!!!!!

みんな直前までヒイヒイ言いながら仕事をしていたので、
待ち合わせ時は全員の顔が死んでおりましたが
このスイーツの山を前にすれば、さすがに表情も明るくなるってもんです。
(こんな感じのこと、USJについてのブログでも書いた気がするな)

20180824_143037.jpg

20180824_142956.jpg

どこを見てもスイーツ、スイーツ、スイーツ!!
眺めてるだけで胸焼けがすげぇ~~~~!!!! でもかわいいし美味しそう~~~~!!!!


大迫力のチョコレートファウンテン。

20180824_142922.jpg

写真を撮り終わった時点で「もう満足したわ」感はありましたが、本番はここからですよ。
ビュッフェなんですから! たくさん食べないと!!

ということで、みんなで思い思いにスイーツをお皿に盛り、席について「いただきます」をしました。

20180824_152523.jpg

私ごときの体では、お皿2枚分のスイーツで「もう許してください」状態でしたね。
紅茶のゼリーがあっさりしてていちばん美味しかった。

隣にいる恵莉がスイーツを食べながら「もうつらい」とブツブツ呪詛を唱えつつ塩辛いスープをすすっているのが印象的でした。
私や恵莉のような人間はスイーツバイキングになぞ足を踏み入れてはならなかったのだ。
恵村は途中参加だったのに早々に力尽き、竜仲は力のない瞳でじっとチョコソースを見つめ、妃は何も言わずひとり静かに限界を迎えていました。
唯一、猫乃が最後まで比較的美味しそうにケーキを頬張っていましたね。
エレ女の全員から「すごい」と賞賛の声が上がっていたよ。本気ですごいわ。


しかし、可愛い空間と美味しいスイーツを堪能できたので大満足です。
喉元すぎればなんとやら、今はもうこのブログを書きながら「また行きた~い!」と思っています。本当です。


エレ女の夏なんてこの程度よ。
ゆるゆるのグダグダです。でも楽しいよ。


夏は嫌いですが、夏は案外、いい思い出ができるものです。

20180824_172907.jpg

それでは、今回はこのへんで!
本日の担当は、花井カオリでした*

ミニオンが可愛すぎて泣いてしまいそうだ

花井カオリ

みなさまこんにちは! 本日の担当は花井カオリでございます。
ブログ更新、頑張らねばと思っていたのに恵莉の記事からひと月も経ってしまった……。
これには女子部みんなお怒りだ。作成を急がなくては。

今回は、女子部みんなで行った1泊2日のUSJ旅行についてお話しします!

普段、「みんなで旅行しよ~」なんて滅多なことでは言わない我らですが、
期間限定のアトラクションがあまりにも魅力的だということで
重い腰を上げてメンバー6人(私・恵莉・恵村・猫乃・竜仲・妃)で大阪へ向かいました。

前回の記事で恵莉も書いてましたけど、新幹線の座席はバラバラですよ。
だって移動中ずっと誰かが隣にいるなんて耐えられないじゃないですか。


そして到着しましたUSJ!!
20180517_083530.jpg
(これは2日目にアーリーパークインで入場したときの写真なので、まったく人がいません)(竜仲を探せ)

新幹線は寝起き&まだ実感がわいていないこともあり、みんなローテンションでしたが……
巨大テーマパークを目の前にすれば、そりゃあテンションもブチ上がるってもんです。
竜仲なんて早々にミニオンのTシャツを購入して着替えてましたよ。
私と恵莉も、ミニオンのピアスを買って装着するという浮かれっぷり。

私はUSJに来たことがなかったので、もう見るもの、遊ぶもの全てが初体験。
パークを堪能した最終的な感想は……「USJ、ナメてたわ」でした。
20180516_154042.jpg


アトラクション、何に乗ったかな。
たしか、全部で12個ですね。
------------------------------------------
・ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー
・ホグワーツ・キャッスルウォーク
・フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ
・ミニオン・ハチャメチャ・ライド
・エルモのゴーゴー・スケートボード
・ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー
・アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
・ジュラシック・パーク・ザ・ライド
・ジョーズ
・美少女戦士セーラームーン・ザ・ミラクル 4-D
・ファイナルファンタジー XRライド
・モンスターハンター・ザ・リアル
------------------------------------------
なにか記憶から抜けているものがあるかもしれませんが……。

中でもいちばん衝撃的だったのは、やっぱり『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』でしたね。
ハリーたちと一緒に、ディメンターの攻撃を回避しつつクィディッチをする、みたいなアトラクション内容だったような気がします。(叫びすぎて内容はあんまり頭に入ってきていない)
映像とコースターのW仕様で、本当に世界の中へ入り込んでしまったかのような錯覚に陥ることができました。
最新技術ってすげー!!

あまりに楽しくて、このアトラクションだけ2回乗りました。
また行く機会があれば、絶対に乗りたい。


ハリー・ポッターエリアでは恵莉が大歓喜していましたね。
魔法の杖を購入できるショップ「オリバンダーの店」で、どの杖を買うか悩みに悩んでいました。(結局誰の杖にしたんだったかな。スネイプ先生だったかしら)
20180516_162449.jpg

20180516_164950.jpg
映画に出てきた世界が目の前にあるってことで、さすがの私も興奮しました。
家に帰ったらまた映画を見直さなくちゃ!と思ったのに、まだ実行できていない私です。(つらい)


あとはもぉ~~ミニオンが可愛すぎました!!
ミニオン、USJに行くまでは全然興味なかったんですけど……。
「こんなに愛らしい奴隷どもがいていいのか!?」とドキドキしちゃうやつですね。
帰る直前に買ったお土産も、ほぼミニオングッズでした。
というか、USJから帰ってきたあともミニオングッズを検索・購入しまくる日々が続いています。
ボブかわいいよボブ……。抱きしめたい……。
20180517_115731.jpg


女子部が現在の6人体制になってから、初めての旅行。
ものっすごく楽しかったです!
仲は別に深まってないです。元々わりと仲いいので。
毎日毎日一緒に同じ部屋で仕事してりゃね、そりゃ自然と仲良くなります。

というわけで、はしゃぎたおしで死ぬほど楽しい2日間でした~!!!!
翌日の仕事は地獄だったけどな~~~~!!!!!!

本当はひとつひとつアトラクションの感想書こうと思ったのですが、
あまりにも時間がかかりそうなのでやめておきます。
まだUSJに行ったことがないみなさま、ぜひ! USJ、素晴らしいところです!




話は少し変わりまして。
現在、私と竜仲は、会社の「どっか別の地で仕事しておいで~」という遊び心満載な企画により
福岡県の博多に来ております!
6月いっぱいは、こちらで生活しつつお仕事です。
20180602_224245.jpg

20180608_175137.jpg

福岡、いい場所ですね~~。
ご飯が美味しいし、いい具合に賑わい、いい具合に落ち着いています。
「仕事はかどる~!」という気持ち半分、「仕事してる場合か? 観光しなくていいのか?」という気持ち半分。
適度に遊びつつ、引き続きお仕事を頑張ろうと思います。

博多企画については、きっと次のブログで竜仲が大いに語ってくれるでしょう。

久々に長めのブログになりました。
それでは、本日はこのへんで!

花井カオリでした。

この先にはひかりふる路があるのです、多分

花井カオリ

みなさまこんにちは!
花井カオリでございます。

このあいだ年が明けたと思ったらもう1月も終わりですか。そうですか。

さて私はと言えば、12月後半から1月前半まで、
宝塚雪組公演『ひかるふる路/SUPER VOYAGER』を観劇しまくっておりました。

12月には、日帰りで兵庫遠征もしましたよー。
朝5時の始発に乗り! 新幹線で新大阪まで!
そして宝塚まで移動して11時公演と15時公演を観劇し!
19時の新幹線に飛び乗り22時に東京到着!
……みたいな過密スケジュールでしたが、大満足でした。

遠征の直前、どうしても公演が見たいので一日お休みくださいって談判しに行ったら
社長に「ご勝手にどうぞ」的なこと言われた。ゆるい。


ロベスピエールの生涯をおよそ100分ほどで網羅するという
スピード感あふれる舞台だったのですが、
観劇後は「え……えっ……!」としばらく椅子から動けなくなるほどの衝撃作。
(まだ公演中なので、内容は伏せておきます……)

20180108_222119.jpg

とにかくもうー! トップお二人の歌唱力がズバ抜けすぎていて。
2月8日(だったかな?)にBlu-rayが発売されるので、
それが宝塚通販から到着したらまたあの世界に没頭したいと思います。

しかし、生の舞台というのはどうしてあんなに我々の心を揺さぶってくるのでしょう。
映像で見るよりも何倍も、何十倍も引き込まれてしまう。
映像というのはどうしても会場の「空気感」まで取り込むことはできないので、
やはり舞台は生観劇に限りますね。

20180102_173439.jpg

私は雪組トップ、望海風斗さんと真彩希帆さんのお二人を推し続けます。
興味のある方、みんなで一緒にBlu-ray鑑賞会をしましょう。
いや生観劇に限るとは言いましたけど。例え収録映像であってもイイもんはイイんです!


雪、と言えば。

弊社事務所の側には、まだ溶け残った雪があちこちに落ちています。
雪組は大好きですが、雪は嫌いです。電車止まるし! 歩きづらいし!
あと最近とても寒いので、早く春が来ればいいなぁと願うばかりです。


あっ、そうそう!
2月に、新しいエレ女メンバーが加入することになりました。

今回はどんな子でしょうね~。わくわく。
エレ女、少しずつ規模が大きくなってまいりました。

いずれこのブログにも登場すると思いますので、どうぞお楽しみに!


それでは、今回はこのへんで。

本日の担当は花井カオリでした。
また次回です~!

一夜経てば本音も建て前

花井カオリ

みなさまこんにちは!
本日の担当は花井カオリでございます。

長らく更新できなかったのでそろそろエレ女メンバーがキレだす頃でしょう。
叱られる前に急いで更新することにします。

ここしばらく「ブログのネタがないわぁ~」と悩んでいたのですが、
ひとつ、ふと思い出した話があるのでそれを書くことにしましょう。

今回は、かつて出会った印象深い人についてお話しします。

まず申し上げますと、私はとにかく特殊な人が好きなのです。
自分には理解できない思考回路の持ち主に強く強く惹かれます。
勿論ひとくくりに特殊といっても、好きなタイプ、苦手なタイプはあるのですが。

実際のところ、「特殊な人」を見つけるのは簡単です。
体感的なデータで言えば、出会う人のうち2割は「あ、この人変わってるな~」という印象を受けます。
残り8割の人だって、付き合いを深めるうちに特殊だと思う部分が浮き出てくるものです。

何が言いたいかというと、私なりの定義に当てはまる「特殊な人」は結構な人数がいます。

で、今回お話しするのは、その中でも特に私が惹かれた人のこと。
群を抜いて特殊だった人のこと。


■大学時代に出会ったYくん


Yくんは、周囲からとにかく「あの人ってすごく優しいよね」と評判の男性でした。
人なつっこい笑顔に、柔和な口調。
側にいると安心できる存在だったのでしょうね。
Yくんの周りにはいつだって人が集まっていたように思います。

どうして「優しい」と評判なのかというと、例えば……。

一度、同じ学科の女の子がYくんに怪我をさせてしまったことがありました。
プリントを渡すときに勢いがついてしまい、Yくんの指が切れてしまった、とその程度のことですけど。
私、座っていた席が斜め後ろなので、そのシーンをすべて見ていました。

指にパシッとプリントが当たった瞬間、Yくんはすぐにその手を隠しました。
女の子にも何か感覚があったらしく、「えっ、いま、手大丈夫だった?」と聞きます。
でもYくんは「なんのこと? 何もなかったよ」と首を振り、平然とさらに後ろの人にプリントを回す。
女の子は「そっか……」と呟き、前に向き直る。
そして講義が終わる頃には、Yくんの指に絆創膏が巻かれている。
女の子もそれに気づくけれど、Yくんが誤魔化してくれていたので、何も言わない。

……と、そんな感じです。

優しさエピソードで思い出せるのはこれくらいです。
他にも何かしらあったはずなのですが、記憶がおぼろげで具体例は出せません。
でも、出せたとしても大体同じようなエピソードだと思います。

「あの人ってすごく優しいよね」。
私もしばらくはその通りだと思っていたのですが、
途中から「ちょっと違う気がする」と気づき始めました。

月日は流れ、卒業間近の頃。
ゼミの資料室でYくんと二人になる機会がありました。
まったく仲良くなかったので、めちゃくちゃ気まずい雰囲気。
そこでもYくんは優しかったですよ。
高い位置にある資料を代わりに取ってくれた気がします。(うろ覚えだけど)

卒論についてあれこれ話すうち、なんの切っ掛けだったかは忘れましたが、
私はかねてから思っていたことを冗談めかして言ってみることにしました。

「Yくんってさ、結構なドSだよね」。

Yくん、最初は「は?」って顔をしてました。
だから補足しました。

「Yくん、絶対に相手に謝らせてあげないから」と。

それを言った瞬間、Yくんの顔がふっと無表情になりまして。
私の目を見てこう言い放ちました。

「ばれた? うっざ」





わかりますこれ?
もうさ、乙女ゲーのキャラみたいでしょ?
いつかネタとして使ってやりたいのに全然機会がないんですよ~~
ああ~~Yくんモチーフにしたキャラで乙女ゲー作りたい~~~~

彼の特殊さが露わになったことの衝撃がすごすぎて、
その後どんな会話をしたのかまったく覚えていません。
当時の私は、今しがた爆発した「萌え(古)」の行き場を探すのに必死でした。
どうやって別れて、どうやって帰ったんだろう……謎……。

その日以降、私とYくんが喋ることはありませんでした。
そうそう、乙女ゲーならここで一気に距離が近づいてお互い恋心が芽生え……となるんですけどね。
しょせんは現実でしたね。

ここまで読んで、「相手に謝らせてあげない」ことがなぜSなのか、
というのが理解できる方と、できない方がいらっしゃると思います。

わからなくていいんです。
きっとそれが正常です。

わかる人は……心が汚れていますね。
田舎の大自然を見て邪念を洗い流しましょう。

とにかく私は、Yくんの「裏の顔」を目の当たりにし、萌えに萌えまくりました。
あれですか? 男の人が女子高生のパンチラ見て興奮するのもこれと似た感覚ですかね?
「本当は見ちゃいけないもの」を見たときって興奮しますよね。
わかる。すごくわかる。

Yくんはきっと、もう卒業だしこの先も関わりはないし、ということで
最後の最後に素を見せてくれたのだろうなぁと思います。
仲が良かったら、多分「まさか~」って笑っていたでしょうね。
一年に一度話すかどうか、程度の関係だったからこその開き直りだったのでしょう。
いや~たまらんね。

でも一応言っておくと、別にYくんに恋心を抱いたわけではありません。
一緒にはいられないだろ、こんな人。
実際にお付き合いするのであれば、温厚で裏表のない人がいいですよね。

……という、Yくんのお話でした。
Yくん、今頃どこで何してるんだろうなー。
相変わらずだといいなぁ、と勝手に思います。

以上!
花井カオリでした。

あなたを動かすコントローラーがあれば

花井カオリ

みなさまこんにちは!
本日の担当は花井カオリでございます。

最近体調崩しまくりでグデグデな私です。
みなさまは大丈夫でしょうか。
季節の移り変わりに体がついていかないのですよ。
歳ですかね~やばいな~……。

さて今回は、最近心に残った本と舞台のお話をしようかと。
素晴らしかった!と声を大にして言いたいのは、以下の2作品です。


▼小説『わたしを離さないで』
カズオ・イシグロ 著/土屋政雄 翻訳

あらすじはamazonさんの内容紹介文を引っ張ることにします……。
----------------------------------------
自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。
キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。
共に青春の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。
キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。
図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々がたどった数奇で皮肉な運命に……。
彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――。
----------------------------------------

かなり有名な作品なので、ご存知の方も多いでしょう。
去年?だかに、綾瀬はるかさん・三浦春馬さんがメインキャストでドラマをやってましたね。
けれど私はどうしても本で読みたかったので、ドラマは見ず「いつか本で読む……!」と心に決めておりました。
そして、ようやく先月に読み終わったのです。

17-05-24-15-25-47-282_deco~01

いやぁ、素敵でした……。
カズオ・イシグロさんは長崎出身の日系イギリス人作家さんです。
なので原文は英語なのですが、翻訳家の土屋政雄さんが見事に表現しています。

以前もこのブログでお話ししたことがあるかと思うのですが、私、海外小説って苦手な傾向にあるんです。
なんというか、心情描写が希薄で物語にのめり込めなかったり、とにかく時折出てくる単位がわかりづらくて。
(何フィートとか何インチとか何マイルとか言われたらさっぱりイメージできない。ミステリーだと致命的)

けどこの作品は、作家さんが日本出身だったり、翻訳家の方の文章が綺麗だったので、
日本小説と海外小説のいいとこ取りな感じ。
だからすんなり没入できました。
ここ最近で読んだ本の中では、圧倒的にペースが早かったな。
寝る間も惜しんで続きを読みたいと思ったのは、久々だったかも。

『提供者』と呼ばれる者たちを『施設』で『介護』する日々。
(この『提供者』とはなんなのか、『施設』とはなんなのか……というのは、物語の途中で明かされます)

『提供者』の葛藤や絶望、一縷の望み。
すべてを想像して胸が痛くなりました。
生まれながらに使命を背負う者の生き様が、飾り気なく描かれています。

感想をもっと書きたいところなのですが、どちらかと言うと、
口に出すよりも、心の中にそっとしまっておきたい作品です。
なので、これ以上は語りませんよ。(感想放棄してるわけじゃないよ!)

苦手な方も多い題材かもしれないのですが、私にはものすごく響きました。
好きかどうかは別としても、読んで損はしない作品だと思います。

カズオ・イシグロさんと言えば、他にも『日の名残り』などが有名ですね。
中学生の頃とかに読んだような……気はするのですが、まったく覚えていないので、
大人になった今ふたたび読んでみようかと思っております。

みなさまも是非。


▼舞台 劇団☆新感線『髑髏城の七人 ~season花~』

いやあああああもう最っ高だったあああああああ!!

エレ女の竜仲スグルと、日頃お世話になってるシナリオライターの恵村まおさんと一緒に行ったんですよ。
生観劇ではなく、ライブビューイングだったんですけどね。
私は初の劇団☆新感線でした。

17-05-24-15-24-06-132_deco~01

ほんと、あっという間の3時間半だった……。
殺陣のシーンがふんだんに盛り込まれているおかげで、役者さんたちの気迫というのでしょうか、
とにかく画面越しに熱量がウワアアッと伝わってきて、シビれました。

主演の小栗旬さんの男らしさは言わずもがな。
山本耕史さんの妖艶さは筆舌に尽くしがたかった……。
りょうさんの美しさは国宝にするべきですね。
成河さんのゲス悪役っぷりはあと50回拝みたい。

17-05-24-15-24-41-510_deco~01

2幕はおよそ2時間と長めだったのですが、畳みかけるような展開で飽きる暇がありませんでした。
みんながこぞってチケット争奪戦に立ち向かっていく理由がわかったよ……。
会場のおかげもあるかと思いますが、舞台装置もとにかく豪華。
竜仲は「舞台装置見ながら酒飲みたいっすねぇ」とか言ってましたが、気持ちはわかる。

『season花』は6月中旬までの公演みたいですね。
この後も、『season鳥』『season風』……と公演が決まっているようです。
花はとっくにチケットが売り切れてしまっているので、いちばん近いところでは『season鳥』でしょうか。

『season鳥』の主演は阿部サダヲさん。
大好きな役者さんだし、観に行きたい……。

『season風』も花の公演後にキャスト決定!と特報が出ておりまして、
そっちの主演さんは私が好きな役者トップ3に入る御仁なので、
むしろ風に全力を出すべきか……。

うむ……チケット争奪戦、頑張ろうかと思います。
あれは生で見なきゃ死ねない。


上記2作品、最近読んだ・観た中での私的大ヒットでした。
ふう……興奮して長くなったわ……。

私も、ああいった人の心に残り続ける作品を生み出したいものです。

そうそう、余談ですが、宝塚歌劇の花組で、
萩尾望都さんの『ポーの一族』が上演されることが決まったんですよ!

めっちゃくちゃ好きな作品なので、
こっちのチケット争奪戦も死ぬ気で頑張ります。

作品充、たまらないね……。
(おかげでお金はどんどん消えていくけれど)

さて、今回はこのへんで!
花井カオリでした。