光と闇の世界

猫乃しおり
こんにちは。
本日の担当は、猫乃しおりです!

去年の今頃は何してたかなと思い、ブログを見返してみました。
DVDを大量に借りたり、本を読んだり……今と大して変わらなかったです(笑)

さて、今回は「KINGDOM HEARTS CONCERT-First Breath-」について書きたいと思います。
チケット
初のオフィシャルコンサート!!
行く前からワクワクもんでしたー!!

初めて買ったサウンドトラックが和田薫さんのCDで、
それ以来ずっと和田さんの音楽が大好きです。
作品が大好きなのもコンサートへ行きたいと思った理由のひとつですが、
指揮者の名前を見て「行くしかない!」と思いました。
チケットの倍率がすごくて初日は無理でしたが、運良く2日目に参加することが出来ました!
パンフレット
パンフレットも無事にゲット!
キングダムハーツ(PS2)が発売して、今年で14年経つんですね。
気づけば来年は15周年。
初めて自分でプレイしたRPGだったので、とても思い出深いです。
今でも音楽を聴くだけで、色々なシーンがすぐに浮かびます。

せっかくなので、コンサート(曲)の感想を少し書きたいなと思います。(※個人的な感想です)
愛知と大阪公演がまだあるので、ネタバレ防止の為に文字を反転させておきますね。
====================================================================================
★ネタバレ注意★
・Destati
キングダムハーツでは欠かせない曲。
最初を飾るのは、やはりこの曲ですね。
ゲーム内ではコーラスがとても印象的です。
声を音で表現するのは難しいのではと思いましたが、コーラスとは違った良さがありました。
一瞬で「キングダムハーツの世界」に引き込まれる最高の始まりでした。

・Dearly Beloved
ピアノの音を聴いた瞬間、涙が止まりませんでした。
これもキングダムハーツと言えば、という曲。
聴いたら「あっ、これか!」と思う方も多いかと。
この曲が大好きで、なかなかタイトル画面から先に進めなかったのを覚えています。
ステージのサイドを見ると、涙を拭っている方もいたり……。
2曲目から泣かせにきますね。

・The Other Promise
ロクサスの台詞も切なくて、思い出したら泣かずにはいられなかった……。
学生の頃、サウンドトラックのコンプリートBOXを買ってから、毎日聴いていました。
フルートのソロからピアノと重なる部分が特に大好きで、実際に生演奏を聴けて大満足です。
キングダムハーツⅡも2005年発売なので、10年以上は経っていますが……
何度もプレイしていたので、ゲームのシーンを鮮明に思い出せます。
出来ることなら、もう一度生演奏を聴きたいです。

・March Caprice for Piano&Orchestra
この曲を聴くと、エンディングを迎えたなという気になります。
個人的に、本編の最後にふさわしい曲だと思いました。
キングダムハーツの曲は、どの曲にも「この部分が好き!」というのがあります。
人によって様々かと思いますが、私的にこの曲は最後のティンパニ、トランペットからの流れが大好きです。

・光
Wアンコールを終えた後「最後にもう1曲」と和田さんが手を挙げました。
ウィンドチャイムが鳴った瞬間、涙でステージが見えなかったです……。
しばらく聴いていませんでしたが、覚えているものですね。
頭の中で映像や歌詞が流れてました。
「キングダムハーツ」初のオフィシャルコンサートの締めくくりにふさわしい一曲だと思います。

====================================================================================
数曲、ピックアップして書いてみました。
色々と書きましたが、あくまで個人的な感想です。
人によって感じ方が違うと思います。

ただ今回のコンサートに参加して、
多くの方と同じ曲で同じ気持ちを共感できたことがとても嬉しかったです。
そして、その空間にいられたことが本当に幸せでした。最高の思い出です!
来年のオーケストラも参加できたらいいなと思います。
出来ることがなら、フランスも行きたい……。

皆さんも機会があったら、聴いてみてください(*´ω`)
他にも素敵な曲がたくさんありますよ!
「この部分がオススメだよと」いうのがあればぜひ!

それでは本日はこのへんで!
また次回(/・ω・)/

歌姫たちの宴

mako_icon.jpg
 こんにちは、真夏の夜の夢追い人、佐藤マーコです。
 聞いてください、先日のアニメイトブックフェアで39ポイント貯めました!ドヤァ
 いや、その内12、3ポイントは人から貰ったものなんですが、それでも20冊以上は買っているわけで。
 ちなみに景品は東京喰種と銀英伝のブックカバー、僕のヒーローアカデミア、弱ペダのクリアファイル、ひとりじめマイヒーローのカードステッカーをゲットしました。
 いつも年末にいらない本をまとめて売っているのですが、この分だと夏のうちに一回売った方がいいかもしれません。
 
 さて、今日は私の好きな歌姫についてです。
 と言いつつ、以前ブログにアニソン以外一切興味がないと書いたのですが、それはちょっと嘘です。アニソン以外でも純粋に声が好きな歌手が少しだけいるのです。
 しかしその人たちもすごいメジャーな人ではなかったので、学生時代好きだという人には一切会ったことがありませんでした。けど、わりとオタクな人間の間では名前が知られている人たちです。
 
 そんな私の五大歌姫を紹介します!
 
・遊佐未森さん
・濱田理恵さん
・新居昭乃さん
・上野洋子さん
・葛生千夏さん

 
 この五人ですー!
 全員神がかったボイスの持ち主ですよ!
 
 ではまず遊佐未森さんから。この方の歌を聴いたのは中学生の頃でした。本当にアニソン以外興味なかった私ですが、レンタルショップでCDのタイトルを見た時、「好きかもしれない……」と思って手に取ったのがきっかけです。
 実は初期の作風が好きで、年をおうごとに離れていってしまったのですが、今でも時折データを引っ張り出して聞いています。透き通った綺麗な声です。特に初期は少年を夢見る声、と表現したらいいでしょうか。
 
 次、濱田理恵さん。この人の歌はこのブログを読む人なら絶対聴いたことがあるはずです。何故ならあの有名なママレードボーイ主題歌『笑顔に会いたい』を歌っているからです!
 なので厳密に言うとアニソンではあるのですが、この人の歌にハマったのはこの曲ではなく、僕の地球を守ってラジオドラマ主題歌『夢のすみか』です。アレは泣く。ヤバい。泣く。あの独特の甘い声はまさに妖精の歌声!
 それから『ダリエ』名義で出たアルバムも何作か買いました。キラキラした宝石みたいな曲たちです。
 
 それから新居昭乃さん。この方は何度も好きだと言ってますね。この方の声を聴いたのは僕の地球を守っての『金色の時流れて』で、ヤバいと思いました。天使の歌声。
 この方もアニソンから入ったわけですが、それ以外の曲もとても好きです。
 何よりも驚いたのが、OVAロードス島戦記のOPを作曲されていたのが、新居さんだったこと。私世代の人は必ず聴いたことがあると思います。ロードス島戦記、夏休みとかめっちゃテレビでやってたなぁ。
 
 そして上野洋子さん。この方はZABADAKで初めてその声を聴きました。女神の歌声。
 高校生の時初めて聴いたのですが、その後すぐにZABADAKを抜け、ソロ活動をなさってました。
 あ、あずまんが大王の主題歌『空耳ケーキ』も伊藤真澄さんと歌われてますね。なので、この方の曲も多分聴いたことがあるんじゃないかと。
 
 最後に、葛生千夏さん。この方は現在音楽活動を休止されてますし、曲を手に入れるのは困難だと思います。
 吉野裕司さんのソロユニット『VitaNova』に収録された歌を聴いて、一聴き惚れをしました。この中で唯一ハスキーな声で、形容するなら大地の歌声。
 アンジェリークの楽曲を制作されている他、紫堂恭子さん(佐藤の好きな漫画家、ファンタジー作品で有名)のイメージソングCDにも参加していらっしゃいました。
 高校生当時の私が手に入れるのも困難だったので、今からでは相当困難なCDばかりかと……。
 
 ただ、ここに挙げた歌姫たちの歌声は上記『VitaNova』の作品で聴くことが出来ます。
 つまり、そういう類いの歌声が好きってことなんですね。

IMG_0641.jpg

 
 中学生の時、美術の授業で好きなアーティストのCDケースを作るという授業がありました。
 私はこんな趣味ですし、まだこの歌姫たちにも会っていなかった頃なので、好きなアーティストが全くありませんでした。
 なのに美術の先生は「何かあるだろ、ない方がおかしい」と私を全否定してくれたので、脳天かち割ってやろうかと思いました。そしてその後口をききませんでした。わりと根に持ちます。
 まあ、今考えるとその先生は当時今の私よりも年下だったのであり、世界が狭いのは仕方ないことですね。でも今会うことが出来たなら、間違いなく脳天をかち割ります。そうすれば若干すっきりするでしょう。
 
 では最後に、上記歌姫の曲で、これは絶対聞いて貰いたいってのを挙げます!
 
・遊佐未森「小鳥」
・濱田理恵「夢のすみか」
・新居昭乃「懐かしい宇宙」
・上野洋子「アジアの花」
・葛生千夏「風のロンド」


 夏の一夜の夢にどうぞ……。
 
 ついでに。このブログを書いている間のBGMはエキセントリックオペラのアルバム『イムヌ』でした。
 中でも『あなたのとりこ』は至上の一曲です。では。ノシ

愛してしまったからだよ

花井カオリ
こんにちは!
本日の担当は花井カオリでございます。

とうとう8月になってしまった。
もうダメだ、時の流れが速すぎて目が回る。ついていけない。
こうして世界にたくさんの「永遠の18歳」が生まれるのだな。
見た目は大人、頭脳は子供!
逆コ○ン状態だ、やっぱりもうダメだ。

さて今回は、私が影響を受けてきた偉大なる作品をいくつかご紹介。
人間、細かな記憶も含め、過去ウン十年間すべての蓄積で今があるわけですが、
その中でも特に「自分」という人格を形成する上で重要だった作品というものがある。

私を形作ったものは以下です。

▼ふしぎ遊戯
私をこちらの世界に誘った大いなる作品。
セーラームーンと並ぶほど愛しています。
DSC_0868.jpg
この作品はすごい。
なにがすごいって、まず「朱雀・青龍・玄武・白虎」というモチーフが、「今までになかったのにキャッチーである」こと。
そして、ひとりひとりのキャラクター設定。
1992年に始まった作品ですが、現在女性にうけているキャラクター属性、ほぼすべてを網羅しています。
味方には王道イケメンヒーロー、懐深い優しい王子(皇帝)様、女装男子、関西弁ヤンチャ男子、癒やし系おじさまなど。
敵陣には忠誠深い金髪碧眼ドSやら、常に鞭を持ってるド変態。そして何より双子男子キャラに垣間見えるちょっとしたホ○要素
キャラクターはまだまだたくさんいますが、とにかく女性が好む姿・性格をしたキャラクターがわんさか出てきます。

しかも内容がちょっとエロかったもので、当時「性ってなぁに!」と言わんばかりのピュアッピュアな私にはなかなか刺激的でした。
それもまたよかった。
そう、ふしぎ遊戯は私にとって「性の目覚め」だったのです。
特に敵陣の心宿(なかご)のドSっぷりにはドキドキしたなあ。
「どんぐりのネックレスがパーン!!」はかなり印象的なシーンだったのですが、これを読んでいる中に覚えていらっしゃる方はいるのだろうか。

当時いちばん好きだったキャラクターは女装男子の柳宿(ぬりこ)でしたが、
今思うと星宿(ほとほり)ってホントいい男だよなあ~……。
美形で優しくて皇帝で変わった性癖もないでしょ。
非の打ち所がない。ただただ結婚したい。

そうだ私もあの世界へ行こう。
そして美朱ちゃんに振られて未だ独り身であろう星宿さまの妻になるのだ。


▼魔法騎士レイアース
これも伝説的作品ですよね。
はじめはセーラームーンと同じく、ただ女性向けヒーロー漫画(アニメ)だと思って観ていました。
DSC_0869.jpg
しかし1期の最後に明かされる衝撃の事実。
まさかこういったヒーロー作品に於いて、「アンハッピーエンド」が待っているとは思いもよりませんでした。
でもその結末があまりにも悲しく切なくて、それなのにこれ以上なくロマンチックで……。

「報われない恋」「禁断の恋」という素晴らしいテーマを教えてくれた作品です。
同時に、幼いながらに「正義とは一体なんなのか」と深く考えさせられました。

本当に素晴らしい作品なので、まだ内容を知らない方がいらっしゃいましたら、是非読んでみてくださいね。


▼ブレーメンの音楽隊
話の方向性は少し変わりますが……。
幼い頃、私がいちばん大好きだった絵本がこれでした。
DSC_0862.jpg
内容ではなく、とにかく絵が大好きだったんです。
今でも大好きだし、見るたびに「あ~やっぱりこの絵可愛い~」と思います。

一時期、すべてのページをスキャンして携帯に保存していました。
万年筆でさーっと書いて、水性絵の具でちょろっと色づけした感じの、一見簡単そうなのに絶対に真似できない絵。

シンプルでカラフルな絵に惹かれるようになったのは、
恐らくこの絵本の影響かと思います。
DSC_0859.jpg
「夜空」や「影絵」に惹かれるのも、もしかしたらこの絵本の影響かもしれない。

ちなみにこの絵本は、一昨年エレ女メンバーで軽井沢旅行に行った際、
絵本の森美術館で新しく買い直したものです。
小さい頃大事にしていた絵本はどこかへ消えてしまいました……悲しみ。
何度も何度も、手垢がつくほど眺め尽くした「ブレーメンの音楽隊」絵本は、幼少期の私にとって一番の宝物でした。

というわけで、今回は私が影響を受けた大いなる3作品をご紹介しました。
皆様は、どんなものに影響を受けましたか?
一度自分の原点を見つめ直してみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

それでは、今回はこのへんで。
本日の担当は花井カオリでした!

短時間トリップ



こんばんは。
本日の担当は、恵莉ひなこでお送りします。

今日は、「ちょっとした空き時間に読むと、ちょっとためになるお気に入り本」を紹介します。
こんなラインナップです。



色んな言葉が載っている系の本です。
軽く説明していきますね。

○美人の日本語
響きが美しい日本語が、1年365日分載っています。
例えば、本日7月20日のページを見ると、「心星(しんぼし)」とあります。
北極星ポラリスの別名で、周りの星が北極星を中心に回っているように見えるので、
星空の中心に見立てて「心星」と呼ぶのだとか。
私の誕生日は「忘れ水」でした。
野中や木陰を流れる、誰にも気付かれないような水の流れのことだそうです。
こんな感じの綺麗な日本語と、その由来などがさらっと載っていて、読む度に素敵な気持ちになります。
気分転換をしたいとき、適当に開いたページの言葉を読むのがオススメです。

○ヴィランズ魅惑の言葉
ディズニーのヴィランズ(悪役)の名台詞が載っている本です。
日本語と英訳の両方が掲載されています。
私のお気に入りはリトル・マーメイドのヴィランズであるアースラの台詞。
「真実の愛などない!」(So much for true love !)
うーん、なかなかのインパクト。
不思議の国のアリスのチェシャ猫もこの本に載っているのが、意外でした。
そうか、奴もヴィランズなのか……!

○感情類語辞典
類語辞典としては、一風変わった本です。
普通の類語辞典は、「怒り」と引けば「憤り」「憤怒」「激怒」などの、「言葉」が出てきますが、
この辞典は「表現」が出てきます。
「怒り」なら、「鼻の穴を膨らませる」「手のひらに爪を食い込ませる」「歯ぎしりする」とか。
「湿疹、ニキビといった肌の問題が生じる」「作り笑いをする」なんていうのもあります。
読んでいると、あのキャラクターならこういう怒り方になるだろう、なんて考えが広がります。

○ことわざ辞典
写真にはないのですが、ことわざ辞典もご紹介。
全ページを読むのはしんどいので、これも適当に開いたページを読む形が好きです。
索引から見ていくのも面白いです。
「十人十色」というカテゴリには「十人十色」の他に「たで食う虫もすきずき」
「蓼蟲苦きを知らず」「我が好きを人にふるまう」があるんだな、とか。
読んでみると、確かに「十人十色」だこれは……ということわざばっかりです。

他にも、犬から始まることわざと猫から始まることわざ、どちらが多いんだろうと気になって調べたりとか。
私のことわざ辞典によると、犬は18、猫は23……ふむ、猫が多いようです。
ところで、「猫にまたたび」の類似ことわざに「猫にまたたび女郎衆に小判犬に握り飯走って来い」という、なんとも欲張りな印象のことわざを見つけて笑いました。
面白いことわざがたくさんあって、ことわざ辞典オススメです。

――以上です!
皆様も、少しだけ暇な時間ができたときなど、こんな本は如何でしょうか。
思いの外楽しめると思います。
それでは、ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございました!

発掘!!

スグルさん

こんにちは!
竜仲スグルです。

今回は、しおりさんのブログに続いて日本酒についてお話したいと思います。
と言いましても、私は日本酒について詳しいわけではありません。
それに、日本酒は本醸造、純米、吟醸、大吟醸などたくさんの種類がありますし、語ろうと思えばものすごい時間がかかることでしょう。

ですので、本日は先日の日本酒会で飲んだお酒と、これまで飲んできたオススメをご紹介したいと思います。

それでは、参りましょう!
まず、先日の日本酒会で私が注文したのは『ひと夏の恋』、『播州銀盤』、『美丈夫』の3つです。

●ひと夏の恋(宮城)
写真がブレていてすみません……。真ん中のお酒です。
こちらは名前の通り、夏限定のお酒で、お米の甘みがしっかりと感じられます。
口に入れた瞬間と飲んだ後の風味に違いがあり、お店の方には料理と合わせないほうがオススメだと言われました。
パッケージもかわいくて、恋しそうです。

ひと夏の恋


●播州銀盤(富山)
お水の美味しい富山で作られたお酒です。
スキッとした喉越しで、私はとても飲みやすく感じました。
香りも優しくて、好きです!

銀盤


●美丈夫(高知)
キレのある味に、「お刺身によく合うな~」と思いながら飲んでいました。
ご飯とお酒が喧嘩せずに、口の中に美味しさが広がります
私は日本酒とお刺身の組み合わせは最強だと思っているので、お刺身に合うお酒に出会えて嬉しいです。

美丈夫


お次は、今まで飲んだことのあるオススメのお酒なのですが、とにかくいろいろあって、どれを紹介しようか迷ってしまいます。
なので、ひとつだけインパクトのあったものを厳選しました!


●死神(島根)
ドドン!

死神


名前からしてインパクトがありますよね。
実際に飲んだ時も、驚きました。
「死神だ!」と。
褐色の色の濃いお酒をひと口飲めば、ガツンてもなくキリッでもなく、どんよりとしたお酒の風味が口いっぱいに広がります。
もうやみつきになる味です。
私は常温で一度飲んでみることをオススメします。
実は、この『死神』の裏バージョン、『裏死神』というものがあるんですが、私はまだ飲めていません……。
来月あたり、買ってみようかと思います!
このお酒は加茂福酒造さんが造られているのですが、HPも面白いので興味がある方は一度見てみてください。


この他にも、蒼空(京都)亀泉(高知)EMISHIKI(滋賀)出雲富士(島根)……等など、美味しいお酒はたくさんあります。
味覚は人それぞれですので、いろんなお酒を飲んでみて、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいと思います。
私のお気に入り発掘は、これからも続く……。

まるで乙女らしくないブログになってしまいました……。
今後も度々、渋いブログをお届けすることがあると思いますが、お付き合いいただけますと幸いです!

ではまた!