FC2ブログ
 

世界で一番お皿洗いが嫌い

妃アイコン

スポンジに食器用洗剤をクシュクシュすると、トイレに行きたくなります。
こんばんは、妃です。

世界で一番お皿洗いが嫌いなせいか、台所に立つと尿意を覚えます。
ちなみに、二番目に嫌いなのは蓋の無い公衆トイレです。

本日のブログは
1、温故知新ってやつは、これだから……。
2、努力は才能ですか?
の、二本立てでお送りいたします。

1、温故知新ってやつは、これだから……。

時々、昔の原稿を読み返すようにしています。

入社4年目にもなると、3年間培った執筆能力(?)とか、価値観とか、
原稿の見方に変化があることは当然で、良くも悪くも「××っすねー」と感じるわけです。
(××には好きな言葉を当てはめて読んでね!)

こんなふうに振り返ってみると、見えてくるものがあるわけで
学習の一環として耐えることにしています。

そんな時、予想外のデータに出くわすこともあって、
学生時代に使っていた携帯のデータを古いPCから発見したのです。

サークルの夏合宿で、同期(なぜかセーラー服)と先輩が
額を突き合わせて、いこいこし合ってるという謎の動画でして、
(どっからどうみても百合の花咲いてる)
ああ、これが合宿マジックだなーと恐ろしくなりました。

そうそう。その合宿の思い出いえば、
最終日に寸劇(ミュージカル)を披露せねばならず、
同じ部屋の先輩たちと一から作るわけですよ。

で、それぞれが小道具を持ち寄って
とりあえず、衣装に着替えてみたりとか
とりあえず、亀甲縛りしてみたりとか
とりあえず、BL漫画を音読してみたりとか
そーいう、チャレンジをするわけですな(シラフで)

一体、誰が先輩(男子)を亀甲縛りしたのかも覚えてないし、
なんでそんな先輩に「(BL漫画)読み聞かせしてくださ~い♪」と言ってしまったのか、
覚えてないけど、これが自分の青春だったのだな、と思いました。

まあ、これも学習の一環です。
温故知新って恐ろしいですね……。
(何も温まってねぇ――以下略)

2、努力は才能ですか?

青春といえばですよ、奥さん!
この前、「ブル―ピリオド」の9巻を読み終わりまして(^∇^)ノ!

―――――――――――――――――――――
※漫画「ブルーピリオド」とは
雑に言うと、美術に目覚めたマイルドヤンキーが
芸大トップと言われる、東京藝大を目指す話。

「左利きのエレン」が好きな人はきっと好き。
―――――――――――――――――――――

その9巻の中で「努力は才能であるか?」という話題があるんですけどね、
努力家の主人公は「努力はあくまで努力だ」というわけ。
皆さんどう思います??

人によって努力とは? 才能とは? っていう定義から
違うんだろうから、そこに正解はないと思うけども、
僕は才能だと思うんスよ。

世の中には自分みたいに努力が出来ない人間もおりまして、
そーいった人間からすれば、輝かしい才能なんですわ。

自分が思う努力ってのはゲームでいう「限界突破」だと思っていて
100levelカンストした、その先なわけだ。

とか言いつつ、急に真逆のことを言うんスけども、
人間に限界はないから、突破もクソもないのよ。

仮に現地点での自分を100levelだと思っていて、
その先に進んだとしたら、今までの自分は99levelだったんだなってだけの話。

限界がないから、突破もできないし
levelがあがること自体は、努力でもなんでもないわけ。

自分に置き換えると↑こうなるけれど
他人が飛躍すると、相当努力したんだなーって思う。
努力が見えなきゃ、それを才能呼ぶかもしれん。

努力と才能の関係性ってこんな感じじゃないかなー。
努力しているところを目にしたら、努力してるなと思う。
その人が飛躍すれば、努力が実ったと思う。
努力が見えなかったのなら、元々備わっていた才能だと言う。

過程と結果次第では努力でもあり、才能でもあるわけだ。
それを自分に当てはめて考えようなんて、ナンセンスでしょ。
これを読んでる希少な皆さん、どう思います??

(以上、本日のブログ担当は妃でした)

バレンタインデーなので熱い想いを書き殴りました。

竜仲スグル
ハッピーバレンタイン!

突然ですが、皆様は
『DOGENGERS(ドゲンジャーズ)』
をご存知でしょうか?

何を隠そう(何も隠していない)ローカルという枠を超えて、1月から東京に上陸した特撮番組です。

詳細:TOKYO MXにて 毎週日曜 朝10時30分から放送中!!
(福岡のヒーローには荷が重い時間帯らしい)

福岡で活動中のご当地ヒーローたちが毎週大活躍する番組なのですが、私は彼らが枠を超えてくれるまで、本作のことを知りませんでした。
それ故に、今、私の中にあるドゲンジャーズの知識は、既に放送された第6話までの情報と、公式HPとWikipediaで構成されています。

そう、私はまだまだドゲンジャーズ初心者……何も知らない“ルーキー”なのです。


さくら

――さて、お察しの通り、今回の本当のタイトルは『竜仲スグル、ドゲンジャーズにハマる』です。

つまり、ドゲンジャーズの魅力について一方的に、主観的に、語っていこうと思います。
びっくりするくらいのネタバレを含んでおりますので、NGな方は6話まで視聴してからご覧いただけますと幸いです。

OKダヨという方、読んでやるか~という方はラインを超えてください。



ここからは、心の赴くままに書き殴ってしまいそうなので、せめてもの秩序として項目を設定します。

■ドゲンジャーズとはどういう特撮番組なのか。
※説明という名の第1話のあらすじ&壮大なネタバレ(主観をかなり含む)

某日、福岡で活動するヒーローたち(キタキュウマン・ヤマシロン・エルブレイブ・フクオカリバー)に『HERO HOUSE』という番組への出演オファーが来ました。
そう、あの『HERO HOUSE』です。
海辺の、テラスのある、素敵な、お部屋。
そのロケ地となる能古島でヒーローたちは、女の子たちとウハウハ。
美味しいゴマサバも食べていたはずです。

ごまさば
↑福岡で食べた美味しいゴマサバ

そんなタイミングを狙って、株式会社悪の秘密結社はヒーロー不在の福岡を侵略したのです。
福岡はもう、福岡ではない。
“修羅の国”へと変わり果ててしまった……。

そんな折に、東京から幼馴染のゆきちゃん(公式HPの紹介文は『田中の幼馴染。(可愛い)』のみ)に会いに福岡にやってきた主人公の田中次郎くん。
慌てて能古島から帰ってきたヒーローVS悪の秘密結社の戦闘に巻き込まれてしまいます。
(なんでそんなところにいるんだ、田中くん!!!)

ヒーローたちが優勢かと思われていましたが、悪の秘密結社は謎の力(たぶん1話冒頭のアレ)によって以前よりパワーアップしており、ヒーローたちは大ピンチ。

そこへ登場した、最後のヒーロー! その名もオーガマン!!
(既婚者ゆえに『HERO HOUSE』に参加できなかったらしい)

――というところで1話が終わり……

『次回! オーガマン死す!!』

…………。
……………………。
…………………………え。

本当にオーガマンが死んでしまったのかどうかは、あなたの目でお確かめください。

その後、なんやかんやでオーガマンに福岡と『ヒーロー』を託された田中くんは、他のヒーローたちとともに、悪の秘密結社から福岡を取り戻すための戦いに臨むのです。

現在放送されている6話までは、それぞれのヒーローたちに焦点が当てられているのですが、彼らが抱える悩みや田中くんのヒーローとしての成長が描かれており、目が離せません!!!

■ドゲンジャーズに登場するヒーローたち
私はドゲンジャーズを観るまで、キタキュウマンさんしか存じ上げなかった身なのですが、まさか、こんなに魅力的なヒーローたちがいるとは……!!
(みんな仲良さげなのが、とても良い!!!!!!!)

・オーガマン
大賀薬局所属のヒーロー。
悪を徹底的に殲滅するその姿、まさに好中球の如し。
薬剤師で薬局の社長でもある彼の「薬飲んで、寝ろ」は、胸に刺さるものがあります。
(オープニングの歌詞にも「無理はしないで~」ってある)
(オープニング『なんしよーと?ドゲンジャーズ!』めっちゃいいよ!!!!!)
みんな、体調が悪い時は無理しないで、薬飲んで、寝よう。

・キタキュウマン
まず、スタイルが良すぎないか?
体が硬いから戦いたくないという強い気持ちを持っているヒーロー。
戦闘は弟のキタキュウマンメタルくんに任せているみたいなのですが、この弟くんがまた、イケメン。
コミュ力が高く陽の気を感じるところに、キタキュウマンとの兄弟の血が覗えました。(感想)
フィーチャーされた第3話では、人にはそれぞれ得意なことがあり、役割がある……それぞれが自分の役割をしっかり果たせばいいということを教えてくれた気がします。
ちなみに、エンディングのクレジットには【SNS炎上 キタキュウマンプロジェクト】とあります。

・ヤマシロン
山代ガス営業部ヒーロー課所属のヒーロー。
レッドロン、アオイロン、ダイダイロンの3人が合体変身すると『ヤマシロン』になります。
合体する際、合体稟議を申請するのですが、それがまたかっこいい!!!!
強火モードの火力の強さには度肝を抜かれましたね。
フィーチャーされた第4話では、色も考え方も違い、時には意見がぶつかることもあるけれど、だからこそ楽しい/必要じゃないメンバーなんていないんだという固い絆と、仲間で支え合うことの強さを教えてくれました。
ちなみに、公式HPにある本作に参加することになった理由が、意外と強引で面白い。

・天元の勇者 エルブレイブ
プロレスラーヒーロー。(本当に拳一つで戦っている)
身長が低い。
この件について、公式HPでは『本人は気にしていない』と記載されていますが、フィーチャーされた第5話では気にせざるを得ない事態となってしまいます。
(これが、乗り越えるべき壁……)
しかし、さすが漢・エルブレイブ!! デカさは身長じゃない!!
エルブレイブは自分の弱さを認め、前を向く強さを、身をもって教えてくれます。
頑張れエルブレイブ!!!! 強いぞエルブレイブ!!!!
何事にも一生懸命で、とても応援したくなるヒーローです。

・吹王火剣フクオカリバー
まず、戦闘時の足の上がり方が半端ない。
唯一ちゃんとしたヒーロー。(公式HP/番組参照)
たとえ敵であろうと、認め、励ますという優しさを持っています。
フィーチャーされた第6話にて、悩んでいる敵エボシ武者の話を聞いてあげている時の背中のツーショットは待ち受けにしたい。
その第6話では、人は見た目ではない、心であるという大切なメッセージをくれました。
ちなみに、ちょっと動揺するくらい戦ってる!!!! これまでの話数の中で一番戦ってる!!!!!! え、めっちゃ戦ってる!!!!

――そんな彼らが、ひとりずつ田中くんの家(オーガマンが田中君に用意してくれた家)に住みついていきます。
これが本当の『HERO HOUSE』。

■株式会社悪の秘密結社
この株式会社悪の秘密結社は実在します。
THE ホワイト企業だと私は思っていますが、いかがでしょうか?
勤怠もしっかりしてそうだし、労災の話もしてるし……。

・ヤバイ仮面
株式会社悪の秘密結社の社長。
真っ先に戦いの前線に立ち、部下には「いってらっしゃい」や「ありがとう」を言い、ケガした部下の手当もしてあげる。叱るときは叱る。
そんな彼の姿を見てきて、思わず悪の秘密結社に入社したくなりました。
求人は何処……。

・修羅王丸
さすが修羅王という名だけあり、最も悪らしく、最強なのではないか?
公式HPから得られる情報量がすごい。

・魔狼怪人ガルフ/ガリア
かわいい怪人たちだな~と思っていたんですが、公式HPを見てしまって私はもう……。
過去編をやってくれ。

おいぬ
↑大濠公園の犬

・シャベリーマン
当然しゃべりも得意ですが、書くのも得意!!!!
本作の脚本担当。
これまで、ヒーローショーの脚本もたくさん担当されているそうです。
悪の秘密結社のメンバーなのに、ヒーローの活躍をしっかり描く様……一体どういう気持ちで執筆されているんだろう? ぜひ、聞いてみたい。

・アイドール
悪の秘密結社の紅一点(たぶん)。
謎多き怪人だそうで、私の邪推が止まらない!!!!
アイドールちゃんって、ゆきちゃんなんじゃないの?
さすがに違うか……? わからん。
ひとまず、来週の第7話はアイドールちゃんがフィーチャーされるそうなので、楽しみに待とうと思います。

その他にも、メイド執事・ウザギ・エボシ武者・カラミー・ネクタリスという個性豊かな怪人たちが在籍していますよ!!
みんなとても愛嬌があってですね……大好きです。
むしろ悪の秘密結社に感情移入してしまう瞬間も多々ある。
(後述しますがepisode.0を見るに、他にもたくさんのメンバーがいる模様)
(ウサギさんのフォームチェンジ……)

■その他
ドゲンジャーズには、美味しそうなカレー(甘口)さんや、さり気なくさり気なくない感じで登場するトイレットペーパーさんもいます。
(何を言っているのかわからないだろうが、見てもらえばわかる。たぶん)

提供クレジットまで見逃せない!!!!

田中くんのリュックは、たぶん無印良品の肩が疲れないリュック!!!!(私も使っている)


はい。
最終的に何が言いたいかというと、ドゲンジャーズは面白いということです!!!!
福岡とはそれほど縁がなかった私ですが、数年前に福岡に1ヶ月滞在し、その魅力を知り、そして今、ドゲンジャーズ沼へ……。これはもう運命なのでは?
4月からはセカンドシーズンが放送開始となるそうなので、夏までは毎週の楽しみが尽きない。なんという幸福。
少しでも興味が湧いた方は、ぜひ、ご覧ください!!!!

ちなみに、YouTubeにて『ドゲンジャーズ / episode.0 スペシャルヒーローショー』が公開されていますよ!!!!(生で観たいが過ぎる!!!! オーガマンのテーマソングかっこよすぎないか???)
https://youtu.be/0Or70qdQ3_A

※既に1stシーズンを観終わっている諸先輩方、これまでの記載に間違いがございましたら随時ご指摘いただけますと幸いです!!(ヤマシロンを見習った丁寧なお辞儀)

以上、ドゲンジャーズにハマっている竜仲スグルでした。
(乾杯戦士アフターファイブの続編も永遠に待っている)

私にもひつまぶしを分けてくれ

花井カオリ
みなさまこんにちは!
本日の担当は花井カオリでございます。

前回の記事で恵莉がマーダーミステリーについて熱く語っていましたね。
エレファンテの女性陣でも、ちょくちょく集まってオンラインマーダーミステリーを楽しんでいます。
独り身ユニオン、本当にワイワイみんなで楽しめるのでおすすめですよ。
エレ女でも、
「誰よ抜け駆けして一人だけ婚約したの!」
「あ、あたしじゃないわよ!」
「ずっと独身でいようねって言ったじゃない!」
と、みんなで疑い合いながら大笑いしました。

最近は自宅で過ごしながら遊ぶ方法がたくさん出てきているなあ……。
私は主にゲーム・読書・ドラマ鑑賞で一人時間を費やしています。
特にゲームは楽しい。没頭できる。

そこで本日は、私がここ5年以内にプレイしてきたゲームの中でも、
特に熱中したゲーム3作について語りたいと思います。


▼ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Nintendo Switch)
このゲームの面白さは、言わずもがなですよね……!
Switch本体を所持している方はほとんどプレイ経験があるのではないでしょうか。
ハイラルの街を自分の好きなように周り、好きなところから攻略して、好きなだけ研究できる最高のゲームです。
私は基本、豪快なアクションゲームが好きなもので、
オープンワールドのゲームは途中で飽きてしまうんじゃないかなと思っていたのですが
ブレワイはまったく飽きることがありませんでした。
なんなら今もたまに起動して冒険に出掛けちゃったりします。

祠の謎解きや冒険内容の他に、私が特に気に入ったのは環境音ですね。
うっすらと流れる控えめなBGMの中で、リンクが岩場を走る足音とか、
川の水が静かに流れていく音とか、金属の防具をつけて走っている時のカチャカチャ音とか。
いちばん好きなのは、イワロックという岩を模した敵が体を動かしているときのコロコロした音。
ものっすごく耳触りがいいんです。
ASMR効果もあって、冒険していてワクワクと癒やしを同時に与えてもらえます。

普段は結構サクサク進めてクリアしたら次のゲームを探してしまう私ですが、
クリア後もサブクエストをこなしたりと、遊びに遊びまくっているゲームはこれくらいなものです。
だって、クリアした~!と思ってクリア率を確認したらたったの12%とかだったんですもの……。
あんだけやってまだ88%も残ってるの!?と驚きましたね。作り込みがすごすぎます。

aaa.png
総プレイ時間は200時間以上となっていました。クリア率は56%。
これほどの時間を費やしたゲームってなかなかありません。
(あつ森は155時間となっていますが多分スリープせず放置していた時間でかさばっていますね……)

足跡モードで見ると、まだ全然行けていないところがたくさんあるのがわかります。
a.png

ガチでやりこんでいる人は500時間くらいプレイしてるのかな。それ以上かも。
あり得るな、と思えるからとんでもないゲームです、本当に。


▼SEKIRO(PS4)
いわゆる死にゲーというやつでしょうか。
戦国時代が舞台のアクションゲームなのですが、
私が過去プレイしたゲームの中ではダントツで難しく、ダントツでやりがいのあるゲームでした。
プレイヤーは隻腕の忍となり、連れ去られた皇子を奪還するため様々な敵と対峙することになります。

SEKIRO、普通のゲームで慣れていると雑魚敵が雑魚じゃないんですよね。
そのへんを歩いている敵であっても、次の攻撃を見切り、瞬時に最良の動きがなんなのかを計算しなければいけません。
となれば、エリア毎のボス敵なんてもう、倒すのに2時間くらいかかります。
ゲームが得意な方でも、初見プレイなら30分は必要なんじゃないかな。
(まぼろしお蝶というボスは、私4時間くらいかかりました……難しすぎて……)

適当にカチャカチャとコントローラーを動かしていても勝てないんですよ。しかしそれがたまらなく面白い。
脱落者の多いゲームでもあるので、心折れずに諦めず最後までクリア出来た方とは
全員とハイタッチして回りたいくらいの気持ちになります。

SEKIROをプレイしたことがあると、ゴースト オブ ツシマの万死モード(最高難易度モード)でも結構スムーズにクリアできます。
敵をバッサバッサと斬り倒していく爽快感のあるゲームではありませんが、
苦労する分、倒した時の達成感は計り知れません。
ゲーム筋を鍛えたい方は是非。


▼The Room VR:A Dark Matter(Oculus Quest2)
VRの脱出ゲームです。
評価が高かったので購入してみたのですが、最高に楽しかった……!
VRなので、物語の世界へ入り込み、自分の目で周囲を見回して怪しい箇所を探し、自分の手で謎を解くんです。
引き出しとか、自分で開けるんですよ。タップするだけじゃなくて。
ドアノブも回すし、ダイヤルも回すし、パーツをはめ込んだりも、全部自分の手でやるんです。
Oculus Quest2のリモコンって、握る動作だったり、指を差す動作ができるように作られているので、
本当に自分の手で物を動かしているような錯覚に陥ることができます。

https://www.oculus.com/experiences/quest/2124523024270629/?locale=ja_JP

ぜひ紹介映像だけでも見てみてください。
きっとやりたくなると思います。

個人差はあると思いますが、謎解きのレベルもちょうど良く、ボリューム感もあってプレイし甲斐がありました。
もっともっとたくさんVRの脱出ゲームをやりたい……!
この体験をもう一度……! と思わせてくれるゲームです。


上記3作が、ここ5年で特に熱中したゲームでした!
他にもたくさん好きなゲームはあるんですけどね。
ゴーストオブツシマも、あつまれどうぶつの森も、ビートセイバーも、龍が如くシリーズも、どれも面白かった……。
最高のプレイ体験を与えてくださる開発者の皆々様に感謝です。
私もそんな風に思ってもらえるようなシナリオが書けるよう、これからも頑張ります!

それでは、本日の担当は花井カオリでした。
誰かおすすめのゲーム、教えてくださーい!



マーダーミステリー未経験者さんに向けて語る


新年、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

さて、新年1発目の記事はどうしようかなと考えていたのですが、マーダーミステリーをまだ体験したことのない方に向けて、マーダーミステリーを紹介してみることにしました。
小難しい話は抜きにして、マーダーミステリーってどんなものなのか、どんなところが魅力なのかを、語らせてもらえればと思います。

1.マーダーミステリーとは何か?
架空の殺人事件が起こった舞台で、複数人による捜査や話し合いのもと、殺人犯を見つける推理ゲームです。
(例外もありますが、基本はそういうゲームです)
例えば6人のキャラクターが出てくるマーダーミステリーでは、6人のプレイヤーがそれぞれのキャラクターになりきってプレイします。

【犯人役のプレイヤー目標】
ゲーム終了までに、他プレイヤーに犯人だとバレないことです。
基本的なマーダーミステリーでは、最後に「犯人だと思う人物は誰か?」という投票時間があるので、そこで大多数の票を集めず、逃げ切ることが目標となります。

【その他のプレイヤー目標】
殺人事件の謎を解明し、犯人を捕まえることです。
……とはいえ、もしかしたらこの中には、犯人に協力したい人物がいるかもしれません。
もしくは、殺人犯を捕まえるよりもっと大事な目的を抱いている人物が、中にはいるかもしれません。
多くのキャラクターには、犯人を捕まえる以外のサブミッションが設定されています。

ところで、ここまで読むと、マーダーミステリーって人狼ゲームと似ている感じがしませんか?
でも、マーダーミステリーと人狼ゲームは似て非なるゲームなのです。

2.マーダーミステリーと人狼ゲームの違い
【キャラクターにストーリーがある】
一番の違いは、それぞれのキャラクターにストーリーがあるということです。
各キャラには、「ハンドアウト」と呼ばれる、そのキャラの生い立ちや考え方、事件に至るまでの時系列などが書かれたシナリオが配られます。
プレイヤーはハンドアウトを読み込み、そのキャラの生い立ちや思考をなぞって発言します。

【複雑な人間関係】
キャラクター同士には、何かしらの関係性があります。
幼馴染みだったり、夫婦だったり、商談相手だったり、もしかしたら親の仇だったりするかもしれません。
AさんはBさんには言えない秘密を抱えているけれど、Cさんになら言えることがあるかもしれません。
そういった人間関係が生まれるのも、マーダーミステリーと人狼ゲームの大きな違いです。

【発言のしやすさ】
これは、全てのプレイヤーが捜査することに起因します。
(犯人役のプレイヤーも、他の人達と同様に捜査には参加します)

捜査フェイズでは基本、場にあるカードをめくって情報を入手します。
そして、そこでどんな情報を知ったかは、自分にしかわからないのです。
また、自分のハンドアウトにのみ書かれている情報も、あることでしょう。
そういったものを積極的に情報共有することで、「何を話したらいいのかわからない」というハードルが解消されます。
初心者でも発言しやすいのが、マーダーミステリーのとても良いところです。

3.一生に一度、自分達だけの物語
【一生に一度しかできない】
1つのシナリオは、一度しかプレイできません。
何故なら、マーダーミステリーのシナリオは、殺人事件の謎や動機、犯人が全て決まっているからです。
映画や小説であれば、結末を知っていても何度でも楽しめます。
ですが、マーダーミステリーの価値は事件を自ら解き明かしていく体験です。
全てを知ってしまってから、もう一度プレイすることはできないのです。
なかなか贅沢なゲームだと思います。

【自分達だけの物語】
殺人事件の謎や、キャラクターが固定されているといっても、それを演じるプレイヤーは毎回違います。
あなたがAというキャラクターになり、「Bに告白したい」という思いを抱いていたとします。
あなたが参加したゲームでは、あなたはBに告白し、Bは快諾して両想いになりました。
しかし、違う場で他の人がAを演じたとき、Bに告白してもフラれてしまう可能性もあります。
もしかしたら、Bへの告白をせず、ひっそりと片想いで終わるAという流れのゲームもあるかもしれません。

大まかなストーリーは同じでも、プレイヤーによって発言や行動はまったく違います。
同じゲームをやっているはずなのに、笑いが絶えないゲームになるグループもあれば、重々しい空気に満ちるグループもあります。
その過程は全て、その時参加したプレイヤー達だけの物語となります。
自分達の物語と他グループの物語を比較するのも、マーダーミステリーの楽しみ方の1つです。

4.マーダーミステリーの楽しみ方
マーダーミステリーには、本当にたくさんの魅力が詰まっています。
そして、その楽しみ方は人それぞれです。

【推理に邁進する】
ミステリー好きの方なら、殺人事件の真相を解明する過程を楽しめるでしょう。
少しずつ明かされていく事件の真相に、興奮すること間違いありません。

【完全犯罪を目論む】
犯人役になったら、嘘を吐きまくり、情報操作をして、是非とも追求の手から逃れましょう。
見事に逃げ切ったときの達成感は、犯人役ならではのものです。

【没入感を楽しむ】
キャラクターになりきればなりきるほど、殺人事件が起こった舞台に、没入することができます。
予想外の展開に驚愕したり、思わぬ展開に涙したりなど、感情が大きく動く魅力にはまってください。
幼い頃に大好きだったおままごとが、豪華スペシャル版で再び体験できる、というのが私の中でしっくり来る表現です。

5.マーダーミステリーのプレイ方法
マーダーミステリーのプレイ方法は、ざっくり分けて3種類あります。

【公演店舗へ行く】
マーダーミステリーの公演をしている店舗に足を運び、プレイする方法です。
やってみたいシナリオが決まったら、参加できる日時を選んで予約します。
知人を集めてグループ貸切を申し込むのも良いですし、友人と一緒に参加してみるのも良いでしょう。
人を集めにくいということであれば、1人で参加してみてもまったく問題ありません。
最初はものすごく緊張すると思いますが、ソロ参加プレイヤーは多いです。
そして皆さん、マーダーミステリーが初めてという方が来ると、大いに歓迎してくれます。
店舗公演は、GMと呼ばれるゲームマスターがきっちりゲームを仕切ってくれますし、音楽や演出などが凝っていて体験価値が上質です。
マーダーミステリーをプレイするなら、一度は店舗で体験してみてほしいです。

初心者さんにお薦めのシナリオは「ラピスラズリの囁き」です。
(これは私が担当したキャラクターのハンドアウトです)

【パッケージで遊ぶ】
ボードゲームのように、箱に入って売られているパッケージ製品で遊びます。
ほとんどの製品が、パッケージを購入してプレイヤーを集め、場所を用意すれば遊ぶことができます。
可能であればGMもいたほうがゲームの進行がスムーズですが、必須ではありません。(例外もあります!)

初心者さんにお薦めのシナリオは「鬼哭館の殺人事件」です。
(ちなみに、パッケージ製品でも豪華演出を加え、店舗公演されているものもあります)

【オンラインで遊ぶ】
コロナ禍において、急速に発展したのがオンラインで遊べるマーダーミステリーです。
パソコンやスマホを使って、ボイスチャットをしながらプレイします。
3人や4人などの少人数からできるシナリオや、無料シナリオもたくさんあります。
アプリ上でプレイするものにはゲーム時間を計ってくれるものもあったりして、遊びやすい環境が整っています。
マーダーミステリーを始めるにあたって、入りやすい環境でしょう。
知人を集めて身内で遊ぶのも良いですし、Discord等で開催されているイベントに単身参加してみるのも良さそうです。
自宅で遊べてしまう気軽さが魅力です。

初心者さんにお薦めのシナリオは「独り身ユニオン」です。
(気心知れる仲間とやると、大変笑えます!)

――さて、ここまでいかがでしたでしょうか。
少しでもマーダーミステリーの楽しさが伝わっていれば良いのですが。
まだまだ、システム的な話や私が好きなマーダーミステリーの傾向など、語りたいことはたくさんあるので……。
再びマーダーミステリーを語る記事を作成した暁には、またお付き合いいただけると嬉しいです。

それでは、本日は以上となります。
担当は恵莉ひなこでお送りしました。
みんな、一緒にマーダーミステリーしようぜ!

『ところで今夜は冬至です!』

妃アイコン

来年はどんな年になるだろうか……。
そう思うと占いに行きたくなります。

信じているわけではないのですが、
手相、占星術、タロットカードといくつか試していると、
全て違う占い師にも関わらず、共通して言われることがあるんですね。

そのひとつに「悪運の強さ」があります。
これは妃がある占い師に言われたことですが、
「悪運が強すぎて、戦場に出ても弾の方から貴女を避けていくわ」との事。
この言葉、生涯大事にしていきたい。妃は、そう胸に誓ったわけです。

これだから、占いは面白れぇんだな!!
(悪運より幸運くれよ、って感じだけど)

というわけで、占いは人間観察だと思ってる系シナリオライター
妃が本日のブログ担当です。

さて、今回は何をテーマにすっかね~と考えて気付いたんですけど、
今年のブログ更新は私で最後なんですよ。
トリを飾るじゃないけれど、最後はビシッと締めたいわけで。
きっと真面目なテーマな方がいいと思うんすよね、なんか世間的に……。
だから、今回のテーマは「来年の抱負的なアレ」です。

最近、Twitterでも呟いたんですけど、私、人外になりたいんですよね。
想像上の怪物でもなんでもいいんですけど、
特殊メイクで顔面ぐちゃぐちゃにしたいんです。
(時間があったら、今期アニメ「呪術廻戦」の両面宿儺の指とか作って、
「これで俺もCV.諏訪部さんになれる~ウェ~イ☆」とかブログでやりたかったなぁ…)

傷メイク程度ならしたことあるんですけど、
ちゃんと顔面の型取りして、変形させるところまではやったことなくって、
来年出来たらいいな~とぼんやり思ってたりするわけです。

んで、もしするならこんな感じか、と雑にプラン図を考えてきました。

人外プラン図


テーマとしては「柔軟な四肢美しさ×幻妖」
人外になりたいとは言ったけど、体全体を怪物じみた様相にするのではなく、
あえて人間らしさとミックスすることで、なんかこう、良くなりそうな気がする(する!)
それで好きなアパレルブランドとか、自分が作った服とか合わせたい……。
(ここで広がるマイ ドリーム♪)

バレエなどの柔軟な動きには「ヘビ」のモチーフだといいな~と思って、
怪物のデザイン起こしてみたんですけど、
書いてるうちになぜかドラゴン系に寄ってしまいましてん……。
緑に塗ったせいで、ピッ○ロ大魔王感があるような……。

本当は左に塗ったようなダークトーンで、
「ハリーポッターと秘密の部屋」に出て来るバジリスクみたいな質感にしたいんですよね。
ブルー系のパウダーとグリッターで陰影をつけたり、
鱗の模様なんかをつけたら、それらしくなるんじゃないかしら?
そう考えると左右のアプライアンス取って、
全体的にスムーズなデザインに直した方が良さそう。

うむ、デザインって難しい……。
その手のセンスが皆無なので、誰か僕を人外にしてください(煩悩)

という感じに、来年の抱負的なアレは『人間を捨てること』です(ジャジャーンッ!)

だけど、ここまで来たら自分の本業が分からなくなるな。
シナリオライター全然関係ないし。
そうだ! ここにショートストーリーなんかを載せたらいいんじゃないだろうか。

自分の好きなゲームに「ソウル・サクリファイス デルタ」というのがあるんですけどね、
人が怪物になった経緯やその後の顛末などのSSが読めるんですよ。
そういう感じで、ストーリーをつければ、シナリオライターっぽさあるよね。
よし! それを冊子にして、デザフェスで売ろう! そうしよう!( *´艸`)

こんな感じで来年は顔面に石膏を塗ったり、
シリコンぺたぺたしたりできる年になったらいいなぁ~。
あと、ついでにコロナも落ち着いてくれると嬉しい。

……。

…………。

……………………ここで終わりかと思うじゃん?


そういえばすっかり忘れてたんですけど、
この辺りでタイトル回収しておきたいと思います。

ところで、今夜は冬至でーすっ!

皆様、暖房つけまくって、暖かくお過ごしください。
(うちの12月の電気代が8,650円なのは、暖房をつけまくった結果です、悲しい…)

以上、今回のブログは妃でした。
また来年お会いしましょう。良いお年を~♪